ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

北アフリカの最新ロック&モロッコ料理を紹介

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

北アフリカの最新ロック&モロッコ料理を紹介
J-WAVEで放送中の番組「ORIENTAL MUSIC SHOW」(ナビゲーター:サラーム海上)。4月14日(金)のオンエアでは、アラブや北アフリカの音楽を中心に紹介しました!

まずは、レバノンのエリート大学・アメリカン大学の学生が2008年に結成し、ベイルートのアンダーグラウンドシーンを代表するロックバンド、マシュルー・レイラの2015年のアルバムから「Aoede」をオンエア。彼らはレコーディングをフランスで行うなどして、打ち込みやオーケストラ、この曲のようなディスコパンク的な音を奏で、ほかのアラブのインディーズバンドから一歩抜きん出た存在となっています。また、ボーカルのハーマドー・シノーはゲイであることをカミングアウトし、中東アラブにおける若きLGBTを代表する存在とされています。

続いて紹介したのは、フランス在住のレバノン人トランペッター、イブラヒム・マーロフの2016年のアルバムから「OUVERTURE I – ALF LEILA WA LEILA」。この曲が収録されているアルバム「Kalthoum」は、20世紀のエジプトでアラブ音楽を代表する女性歌手、ウム・クルスームの代表曲「ALF LEILA WA LEILA」(千夜一夜)をもとに、ニューヨークのジャズミュージシャンたちとともに、全7曲の組曲にアレンジしたものです。

さらに、イギリスのジャズ専門レーベル「JAZZMAN」による、スピリチュアル・ジャズをテーマにしたコンピ盤「Spiritual Jazz Volume 7 – Islam」より、アブデル・ラーマン・アブド・エル=ハティブ&ソーラー・プレクサスの「Ah Ya Zen」をオンエア。1973年の曲ですが、当時からワールドジャズのようなサウンドがあったことがわかる演奏です。このスピリチュアル・ジャズをテーマにした、人気のコンピシリーズによる最新作の第7弾・イスラム編は、イスラム教をテーマにしたジャズを12曲収録しています。

モロッコのグワナのスター、ハッサン・ハクムーンの曲も紹介しました。彼は、一時期ニューヨークでモロッコ料理店を経営し、音楽活動を休止していましたが、2014年にアルバムとともにカムバック。ダンサーの日本人女性と結婚し、毎年、日本に里帰りしています。サラームは彼の結婚式に出席し、彼の妹さんからモロッコ料理を教わったそうです。その一つは「パスティラ」という料理で、中は鶏肉と卵、表はシナモンシュガーで甘くパリッとしたパイ。なかなか味が想像しにくいですが、そんな料理の話題も飛び出したオンエアとなりました!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ORIENTAL MUSIC SHOW」
放送日時:毎週金曜 26時−26時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc3/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。