ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

カッパドキアのお土産にも。実は歴史ある「トルコワイン」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

【TABIZINE 現地特派員による寄稿】

ワインはお好きですか? 筆者は、YES。旅に出たら、地元のお酒を楽しむのも、旅の醍醐味の一つだと思っています。おいしい料理とおいしいお酒、幸せな時間ですよね。

実は歴史ある「トルコワイン」!カッパドキアのワイン事情に迫る
お土産にも。キノコ岩を模ったボトル入りワイン。

トルコはイスラム圏ではありますが、アルコールへの規律は他のイスラム諸国に比べてゆるやかです。ギョレメを中心としたカッパドキアや大都市でしたら、苦労せずアルコールを入手することができます。ただし、都市によっては、販売箇所が少なくホテルやレストランでさえアルコールの提供がない場所もあります。

アルコールが飲める方には、ぜひ試していただきたいトルコのワイン。カッパドキアは夏の日照時間が長く、ぶどうが成長する大切な期間に雨が少ない、ワイン作りに大切なぶどうの栽培に適した場所です。そして、夏はしっかりと暑い気候ですから、赤ワインがおいしい。

トルコのワインの歴史は、実はとっても長く6000年前にさかのぼります。ハトゥッシャで栄えたヒッタイト文明が4000年前。さらにその前からワインが作られていたことになります。

現在でもアルコールの販売に関する規制がありますが、国内に有名ワインメーカーもありますし、海外のワインコンクールで賞をとるなど、注目を集めています。

実は歴史ある「トルコワイン」!カッパドキアのワイン事情に迫る
カッパドキアには、2大ワインメーカーがあります。「TURASANトラサン」と「KOCABAĞコジャバー」です。

コジャバーの店舗はウチヒサールの高台にあり、無料で試飲が楽しめます。白ワインから初めてロゼや赤まで、おすすめを試飲させてくれます。購入前に味を確かめられるのはうれしい。
コジャバーの赤ワインには、ドイツのワインコンクールで賞をとったものがあります。他にもヨーロッパ各国や、カナダなどのコンクールに参加したり販売を行っているそう。

実は歴史ある「トルコワイン」!カッパドキアのワイン事情に迫る
ワインコンクールに入賞した「Leo’s 2014」と「Kapadokya2015」

コジャバーは小さなメーカーですが様々なぶどうの品種を使い、ワインの味は上品。赤ワインも渋すぎずに飲みやすいですから、食事とともに楽しむには最適です。

もう一つのワインメーカーが、「TURASANトラサン」。名前が日本人には親しみやすいですよね。こちらも、コンクールで賞をもらった経歴のある有名メーカーです。

実は歴史ある「トルコワイン」!カッパドキアのワイン事情に迫る
個人的なおすすめが、トラサンのロゼ。きれいなロゼの色とボトルに描かれた花に魅かれて、まったく期待せずに試してみたらおいしかった。以来、お土産におすすめしています。このロゼは2013年に、ブリュッセルのコンクールで銀賞を獲得しています。その後、入賞は逃してしまったようですが、味は辛口でさっぱりとおいしい。普段は赤ワインを好む筆者ですが、夏はこのロゼをしっかり冷やして飲みたくなります。

春のカッパドキアは、ラベル同様にカイス(アプリコット)の花が満開です。満開の桜のようなアプリコットの木々を眺めながら、このロゼを飲んだら、贅沢な時間を過ごせそうです。

実は歴史ある「トルコワイン」!カッパドキアのワイン事情に迫る

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
非公開: 天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。