体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子どもの言葉の発達が遅い原因は?親ができる対処法と月齢別の発音変化

生活・趣味

子どもの言葉の発達が遅い原因は?親ができる対処法と月齢別の発音変化
子どもには、できるだけコミュニケーション能力をつけて欲しい、そう願うママたちは多いはず。そのためにも、早いうちから、言葉の発達を意識して育てていきたいですね。

今回は、言葉を豊かに育てるための方法について、またNG行為や発達がおそくなる原因について、医師に詳しく解説していただきました。

子どもは何歳から言葉を話せるようになる?

子どもの言葉の発達が遅い原因は?親ができる対処法と月齢別の発音変化

生まれたばかり

このころは、泣き声やうなり声以外で声を出すことはほとんどありません。

2カ月ごろ

「あ、あ」などの音やクーというような声を発します。

4カ月ごろ

このころから「あーうー」「ばぶばぶ」「だー」などの喃語を発します。

1歳前後

ママ、マンマ、パパ、ネンネなどの言葉を、意味を持って発することが出てきます。デンバー式発達検査によると、1歳2カ月には90%の子どもが意味のある言葉を1語言うようになるとされています。

2歳

「ママいた」など単語をつなげて話すようになります。

子どもの言葉の発達が遅い場合の原因

子どもの言葉の発達が遅い原因は?親ができる対処法と月齢別の発音変化
子どもの言葉の発達が遅い場合ですが、以下項目に問題がある可能性が高いです。

聴覚

産院で新生児聴覚スクリーニングを受け、合格している場合も、その後の検査で難聴が判明することもある。

発声器官

言葉を発するにはのどや舌の筋肉を複雑に動かす必要があります。発語はあっても発音がおかしい場合は耳鼻科や口腔外科での検査が行われます。

知能や理解力

発語がないだけではなく、大人の言う事を理解できません。

コミュニケーション能力

発達障害などから、他人とコミュニケーションしようとしないために言葉を使わないこともあります。

環境

虐待や特殊な環境で生育し、周囲の人が言葉で語りかけをしていないと、言葉を学ぶ機会がありません。またバイリンガルの環境だと、言葉の発達がゆっくりになることがあります。

子どもの言葉を発達させる方法

子どもの言葉の発達が遅い原因は?親ができる対処法と月齢別の発音変化

読み聞かせを行うことは言葉の発達に有効です。自治体によっては、8カ月や10カ月の検診で絵本の紹介をしたり、無料配布することもあります。

1 2 3次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会