体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Lenovoの低価格&高性能スマートフォンであるZUK Z2をレビュー。ちょっと厚くて重くて残念だけど安くて高性能

Lenovoの低価格&高性能スマートフォンであるZUK Z2をレビュー。ちょっと厚くて重くて残念だけど安くて高性能
Lenovoの低価格&高性能スマートフォンである「ZUK Z2」をレビューします。Amazonの並行品を購入すると約30000円。Banggoodの並行品を購入すると20000円です。20000円でSnapdragon 820、RMA4GB、ROM64GBのスマートフォンが入手できるのは魅力です。

BanggoodでLenovo ZUK Z2をチェックする
AmazonでLenovo ZUK Z2をチェックする

Lenovo ZUK Z2のCPUは、Snapdragon 820です。iPhone 6Sに採用されているApple A9と同じぐらいの性能です。RMAが4GB、ROMが64GBです。LTPS液晶は5インチです。
Lenovoの低価格&高性能スマートフォンであるZUK Z2をレビュー。ちょっと厚くて重くて残念だけど安くて高性能
Lenovo ZUK Z2のLTEの周波数は、FDD-LTE B1/2/3/4/5/7/8、TDD-LTE B38/B39/B40/B41です。docomo、softbankのLTE周波数BANDは、B1とB3に対応しています。LTEで2つ以上のBANDが利用できるので安定した高速通信が可能なはずです。auの場合はB1のみの対応となるので、ちょっと微妙ですね。

Lenovo ZUK Z2は、ZUI2というiOSライクの独自のアンドロイドOSを採用しています。通常のAndroidの場合は、画面右下が戻るボタンになっていますが、iOSと同じように、その機能がなくなっています。かえって操作しずらい・・・・。ホームボタンを軽くタップすることで、戻るボタンと同じ機能になっています。

ホームボタンが多機能で、スワイプや長押しなど、複数の操作に対して機能を割り当てることができます。ん。。これは便利かも。Lenovoの低価格&高性能スマートフォンであるZUK Z2をレビュー。ちょっと厚くて重くて残念だけど安くて高性能
言語に日本語が用意されている点は評価できます。一部は英語のままだったりしますが、ちょっと安心です。日本語キーボードを使うには、Google日本語入力(Android アプリ)をインストールする必要があったりします。

全体の印象ですが、私的にはiOSライクのZUI2がイマイチな印象です。。。。選択したいメニューがうまく探せなかったり、動きがまろやか(もっさり)している感じがします。ついつい画面右下の戻るボタンを押してしまいます。

Xiaomiも独自OSであるMIUI展開しています。この独自OSが使いやすく、うまい具合に機能が改良されています。ZUI2はiOSライクにしただけの印象があります。だから余計に操作に迷う。。。

本体に厚みを感じます。重さは149gです。重くは無いのですが、Xiaomi Mi5より20g重く、厚く重くずっしりした印象です。本体は四角ため持ちやすいです。iPhone5を思い出します。バッテリ容量は3500mAhと容量が大きく長持ちです。
Lenovoの低価格&高性能スマートフォンであるZUK Z2をレビュー。ちょっと厚くて重くて残念だけど安くて高性能
筐体は、とても良くできています。しかしながら、安っぽく見えてしまうのが残念です。悪くないんだけど、全体的に今一歩な印象です。このスペックで、20000円という価格設定にしたことも納得できます。
Lenovoの低価格&高性能スマートフォンであるZUK Z2をレビュー。ちょっと厚くて重くて残念だけど安くて高性能
ハイエンドなスマートフォンをできるだけ安く入手したい人にお勧めできるLenovo ZUK Z2です。

1 2 3次のページ
タチット | 見てさわってレビューしたり作ったりするサイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy