体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

野毛に国産酒専門のバーがあった! 「びじゃぽん」で知るメイド・イン・ジャパンの味【横浜】

f:id:Meshi2_Writer:20170223111112j:plain

やってきました、横浜・野毛(のげ)

最寄りはJR桜木町駅、または京浜急行線の日ノ出町駅。アクセスがいいとは決して言えませんが、酒場を愛する人が毎夜集ってくるエリアです。

f:id:Meshi2_Writer:20170304110819j:plain

食と酒に関する、ありとあらゆるお店があります。その数、約600。

居酒屋さんはもとより、焼鳥、イタリアン、ビストロといった一般的な飲食店は言うに及ばず。

ワイン、日本酒、クラフトビール、ホッピーなどそれぞれの専門店もあり、ジャズ喫茶もあれば郷土料理のお店もあり、「ママさん手づくりの中華つまみが異常にうまいスナック」やら「24時頃からオープンする異様に料理レベルの高いレストラン」などもあって

……はい、とにかくもうカオス!

f:id:Meshi2_Writer:20170305093827j:plain

▲1枚目の風景の夜バージョン。野毛の飲食街はすぐそばに大岡川という川が流れています。正直そんなにきれいな川ではありませんが(笑)、情緒があるんですよ。やっぱり

申し遅れました、今回のレポーターは野毛歴17年のライター、白央篤司(はくおうあつし)です。

17年通っても飽きるどころか、行くたびにひかれるばかり。以前は渋谷に住んでいて通いやすかったんですが、埼玉に越した今も月2ぐらいで訪れています。

前置きが長くなりましたが、今回はそんな野毛のお店から一軒のバーをご紹介します。

その名も「びじゃぽん」。

日本の酒に特化したバーなんですよ。

「日本の酒って……日本酒とか焼酎?」

f:id:Meshi2_Writer:20170406105111j:plain

はい、それもあります。まあともかく、入ってみましょう!

海外で再発見した日本の酒

f:id:Meshi2_Writer:20170307172544j:plain

「びじゃぽん」は店主の高橋勝(たかはしまさる)さんが、おひとりで営むバー。

1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。