ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

憧れのカフェバイト!志望動機の伝え方と例文

  • ガジェット通信 GetNewsを≫
憧れのカフェバイト!志望動機の伝え方と例文 フロムエーしよ!! 憧れのカフェバイト!志望動機の伝え方と例文 フロムエーしよ!! 憧れのカフェバイト!志望動機の伝え方と例文おしゃれで笑顔いっぱいのカフェは、アルバイト先として人気の職種の1つです。そんなカフェのアルバイトに採用されるためには、どのような志望動機をアピールすれば良いのでしょうか。

特に重要なのは、カフェを好きな気持ちや、責任を持って接客業・飲食業に携われる人物であるというアピールです。ここではカフェバイトでアピールしたい志望動機についてみていきましょう。

カフェバイトの志望動機は「経験」と「好き」で考えよう

人気のアルバイト先であるカフェでは、まず仕事内容に直結した志望動機を伝えることが大切です。カフェや飲食店など接客業での経験や接客業が好きな気持ちをしっかりアピールしましょう。もし接客業の経験がなくても、熱意や今後の展望をしっかりと話せれば問題ありません。自分の長所とあわせて伝えられるとより説得力が増すでしょう。

これらを漏れなく分かりやすく伝えるためには、どのようにしたら良いのでしょうか。志望動機別のポイントや例文をご紹介していきます。

「自分の経験を活かせる」と伝えるポイントと例文

接客業であるカフェでは、過去の接客経験がアピールポイントとなります。たとえば他のカフェでアルバイトしていたり、飲食店や、その他の接客業に従事したりしたことがある場合は、その経験をもとに志望動機を伝えてみましょう。

たとえば、次のような例があります。

経験をアピールする<例文1>

「高校生の時、近所のカフェでホールのアルバイトをしていました。受験勉強に専念するため辞めてしまいましたが、お客様と会話したり、おすすめのメニューを喜んでもらったりした経験が忘れられず、大学生になったらまたカフェで働きたいと思っていました。」

経験をアピールする<例文2>

「以前は居酒屋で働いていました。居酒屋ではホールをしており、仕事の物覚えの良さや、笑顔が評価されていました。昼間にできる仕事を探している中で、このような長所を以前から憧れだったカフェで活かしてみたいと思い、応募しました。」

このように、以前の職場で得たやりがいや、評価されていた長所をしっかりとアピールすることが大切です。

もし接客業の経験がない場合は、カフェへの思い入れや、今後の仕事へのやる気、接客業に向いていると思う自分の長所を伝えましょう。

たとえば次のような例です。

経験がない場合の例文

「接客業は初めてですが、以前からこのカフェにお客さんとして通っており、人を笑顔にできる素晴らしい仕事だと憧れていました。自分の長所である明るく活発な点を活かして、このカフェで働きたいと思っていました」

「この仕事が好き」と伝えるポイントと例文

接客業の経験があってもなくても、ぜひ伝えてほしいのは「カフェの仕事が好き」という気持ちです。たとえばコーヒーや紅茶、スイーツが好きな気持ちや、バイトを通してそれらの勉強をしたいという気持ち、将来長く飲食店に携わりたい、自分でも経営してみたいといった気持ちがあれば、それを志望動機としてしっかり伝えましょう。

例えば、次のようなトーク例があります。

熱意を伝える<例文1>

「コーヒーが大好きで、将来はコーヒーに関わる仕事をしたいと思っています。そのためにカフェでアルバイトをして、コーヒーの基礎や接客についてしっかり学びたいと思っています。」

熱意を伝える<例文2>

「カフェで提供される美味しいコーヒーやドリンク、料理に憧れていました。将来家族や友人に作ってあげられるよう、カフェでアルバイトしながら勉強したいと思っています。」

熱意を伝える<例文3>

「将来自分の飲食店を持つことが夢です。そのために、これまでお客さんとして通っていた大好きなこの店で、修行を積みたいと思っています。」

その他に伝えるべきポイントは?

カフェで働きたい!という気持ちをアピールするためには、すでにご紹介したような「自分の経験を活かせる」「この仕事が好き」といったポイントが大切です。

それと同時に伝えておきたいのが、可能であれば、通勤のしやすさや柔軟にシフトに入れるといった点です。家や学校が近いため柔軟に働ける、土日などの繁忙期に働けるといった点は、カフェに限ったものではありませんが、雇う側としては、忙しい時や困った時に助けてくれる人材はありがたいもの。自分に意欲があるだけでなく、お店の運営に役立てる存在だという点も、志望動機のひとつとしてしっかり伝えるようにしましょう。

たとえば

「学校が近所なので、土日だけでなく放課後も働けます。忙しい時間帯があれば、それに合わせてシフトを提出します」

などと提案してみると良いでしょう。

まとめ

人気の高いカフェのアルバイトでは、「なんとなく家が近かったから」などといった曖昧な理由では、他の志望者と差をつけることができません。またカフェは笑顔が重要な接客業であり、衛生などへの責任感が重要な飲食店でもあります。そのため、接客が得意または好きであること、責任を持って仕事ができることをアピールするのが大切です。特に、「自分の経験を活かせる」「この仕事が好き」といったポイントや、「比較的自由に働ける」といった点を志望動機として伝えていきましょう。

 

協力会社/ウィルゲート

関連記事リンク(外部サイト)

「カフェバイト」の仕事内容と満足度 

fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。