体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【例文あり】バイト応募のメールの書き方

【例文あり】バイト応募のメールの書き方 フロムエーしよ!! 【例文あり】バイト応募のメールの書き方

フロムエーしよ!! 【例文あり】バイト応募のメールの書き方アルバイトへメールで応募する機会は増えています。応募する側としては、好きな時間に応募できるというメリットがありますし、企業としても空いた時間にまとめて対応できるという点でメリットがあります。多くの場合に、メール応募用のテンプレートが用意されていますが、テンプレートが用意されていない場合には、自分で最初から作成する必要があります。ここでは、バイト応募メールを自分で作成する場合の書き方と手順について紹介します。

バイト応募メールを書く時に気を付けること

アルバイトの場合、企業も完璧なビジネスメールを要求してはいませんが、最低でも次の2点については気をつけておきましょう。

・敬語を使う

・端的に伝える

家族や友達に送るようなカジュアルなメールしか送ったことがないという人は、少なくとも敬語を使うように気をつけておきましょう。メールはただの文章ではなく、書き手の気持ちが表れるものですので、丁寧な文章を書こうと心がけていれば、自然とそれが文面にも表れてきます。少し固すぎると感じるくらいが丁度良いでしょう。最後は「よろしくお願いいたします」。という一言を付け加えましょう。

企業の担当者は1日に何件ものメールに目を通さなければなりませんので、伝えたい内容を簡潔に書いたほうが印象は良くなります。

バイト応募メールの書き方と手順

バイト応募メールの書き方でおさえておきたいのは次の6項目です。

1)件名

2)宛先

3)冒頭のあいさつ

4)用件

5)自己アピール・志望動機

6)署名

例えば、件名が空欄になっているメールを書く人が稀にいますが、これは絶対にNGです。最悪のケースではメールが開かれないということもあります。メール本文を書くことに時間をかけていた場合で、ようやく完成したと思ってうっかり件名を空欄にしたまま送信ボタンを押してしまうということもあるので、注意をしておきましょう。完成したら、最後には必ず見直しを行うことも重要です。

おさえておくべきポイント

件名の書き方

受け取る側が最初に見るポイントが、件名です。採用担当者は多くの応募メールを受け取ることになるので、なるべくわかりやすい件名を付けるようにしましょう。

「アルバイト応募の件(自分の氏名)」などと書き、件名だけで差出人と用件が分かるようにすることがポイントです。大学生の場合なら、「アルバイト応募に関するお問い合わせ(大学名、氏名)」などと大学名も入れるようにしましょう。

採用担当者が後からもう一度メールを見たくなったら、件名だけで探し出せるようなわかりやすさを心がけましょう。

書き出しの注意点

本文の一行目には「○○株式会社」と会社名を入れ、二行目には採用担当者の名前を書きましょう。担当者の名前がわからなければ、「アルバイト採用ご担当者様」と書いておけば良いです。

冒頭の挨拶では、「はじめまして。○○と申します」。と書き、次に「○○求人サイトで御社の募集要項を拝見し、応募させていただきたくメールにて連絡差し上げました」などとバイト応募である事を簡潔に伝えます。

次に、簡単な自己紹介として、「氏名、住所、電話番号、メールアドレス、在籍している大学名」を書きます。

自己アピールはどう書く?

自己アピール・志望動機では、素直に働きたい理由とアピールポイントを入れましょう。メールに履歴書を添付している場合には、その旨を伝えて、最後は「以上です。何卒よろしくお願いします」などと締めましょう。大学生の場合、職歴はなくても特にマイナスにはなりません。なぜその仕事に応募したいのかということや、今まで学校や部活動でどんなことをしてきたのかといったことを簡潔に説明すれば良いでしょう。同種のバイトを経験したことがある人はアピールポイントとなりますので、必ずその旨を書きましょう。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。