体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LOVE PSYCHEDELICO、アルバムプレビューライヴにて4年ぶりアルバム&全国ツアーを発表

4月17日、自身初となる新作アルバムプレビューライヴをEX THEATER ROPPONGIにて開催したLOVE PSYCHEDELICOが、オリジナルアルバム『LOVE YOUR LOVE』のリリースと全国ツアーの開催を発表した。
4月17日@EX THEATER ROPPONGI (okmusic UP's)
2月頭に、都内に突如として現れたシティボードに“How is your Love?”のキャッチコピーを掲げ、LOVE PSYCHEDELICOがゆっくりと、しかし大きな存在感で動き出した。ライブの開催告知から2か月後、新作アルバムのプレビューライブが、ついにEX THEATER ROPPONGIにて開催される。

シティボードと同じデザインの [How is your Love?] が浮かび上がり、画面を背に現れたKUMIとNAOKI、この日のバンドメンバーである深沼元昭(Gt)・高桑圭(Ba)・冨田政彦(Dr)・松本圭司(Key)・福長雅夫(Per)も続いて登場。心地のいいコンガの音から、ついにライブがスタート。2016年6月に配信シングルとしてリリースされた、「C’mon, it’s my life」だ。ギターとオルガンの音色、KUMIの解放感ある声、早くも会場に一体感が生まれる。

続いて披露されたのは、制作中のアルバムより初披露となる「Feel my desire」。一気に駆け抜ける軽快なリズムに、客席からも大きな声援が送られる。『こんばんは! LOVE PSYCHEDELICOです。How is your Love? みんな元気にしてた?』とKUMIが発すると、会場からもそれに応えて声援が上がる。

解放感のある最初の2曲から一転、妖しげな雰囲気と共に新曲「Might fall in love」がスタート。LOVE PSYCHEDELICOの楽曲としては非常に珍しいラテン調のメロディーラインに合わせて、耳残りのあるギターリフからNAOKIのギターソロが続く。妖しさと切なさを持ち合わせたKUMIの歌声が、非常に印象的な楽曲だ。独特な雰囲気をガラリと変えるように、「Love Is All Around」を披露。ピアノの音色と共に、暖かな雰囲気が会場に響きわたる。

『新曲は書いていると言いながら4年たっちゃったけど、やっとアルバムの発売日が決まりました。今年の夏、7月5日! タイトルは『LOVE YOUR LOVE』! 楽しみにしててね。ありがとう!』とついにKUMIから新作アルバムの情報が伝えられると、その情報を誰よりも待っていたであろう観客たちからは大きな拍手が贈られる。

『気に入ってくれると嬉しいな』とKUMIの曲紹介から始まったカントリー調の楽曲「Birdie」もまた、非常に伸びやかな楽曲で、自然と体が横揺れのリズムを刻む。サビ部分の歌詞が会場正面の画面に浮かび、映像からも新曲の世界観が伝わる。

NAOKIのアコースティックギターから、今日一番優しい音色が流れ始める。その音色に乗せてKUMIもまた、今日一番の優しい歌声で歌い上げる。新作アルバムから「1 2 3」だ。ここまでで、先ほど発表されたアルバム『LOVE YOUR LOVE』より6曲が披露された。まだアルバムの一部ではあるものの、陰と陽、光と影といったLOVE PSYCHEDELICOの楽曲達の多面性を感じることができる。

ここから、ライブで馴染みのある「No Reason」、印象的なギターリフでスタートとする「Shadow behind」、「It’s Ok, I’m Alright」が立て続けに披露されると、待ちわびた観客から大きな声援が上がる。KUMIの『みんな楽しんでる?Alright!』の声から陽気なリズムと共に始まった「Abbot Kinney」。会場全体に一体感が生まれるのを肌で感じることができた。

「Your Song」のイントロが始まると、それが始まるのを察知したかのように、観客がそのギターの音に耳をゆだねる。トリプルギターの音の厚み、KUMIの伸びやかな歌声がとにかく心地がいい。『みんな、まだ踊れる?Alright!』と始まった「Calling You」では、観客がKUMIの動きに合わせて片手をあげてリズムに乗る。

ギターを置いたKUMIが手を広げ伸びやかに歌い上げる、ギターの音と共に飛び跳ね、この日一番の歓声が上がる、「Freedom」。本編最後に披露されるのは、ちょうど17年前の4月に彼らがデビュー曲としてこの世に送り出した楽曲「LADY MADONNA~憂鬱なるスパイダー~」。17年後の今、こうして聞いても色あせず、むしろ未だにずっと心に響くのは、彼らが常に妥協せず、自分たちの信じた音楽を貫く姿勢からくるものなのだろう。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。