体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

先生が「スーパースターみたいね!」って言ってくれたの。Yumikaの原動力

行動を起こす源──。それが原動力。

世間からは「なんで?」と思われることでも、本人に聞くときちんと理由がある。そんな個人の「原動力」に迫ります。

「職業はなんて言ったらいいかわからないけど、収入源はダンス。クラブとかイベントとかで踊ってる。いま入ってるダンスボーカルユニット『HugMee(ハグミー)』は、皆もともと友だちで、自分たちで何かやりたいよねってことで結成したの」

──ダンスの道に進むって決めたきっかけは?

「大学4年生になって、就職どうしようってなったときに、とくにやりたいことがなくて。強いて言うなら、ダンスしたいとか、世界中飛び回りたいとか。OLも向いてなさそうだし、とりあえず就職はしないでおこうってなったの。そこからダンスがんばってたらご縁があって、イベントとかメディアにいろいろ呼んでもらったりして、いまはそれをがんばってるって感じ」

20170418_gendouryoku07.jpg

──そうなんだ。就職しないってとき、周りの反応はどうだったの?

「うちの両親は自由にさせてくれてて。ていうか多分言っても聞かないから(笑)。私、昔からしたいことはしたいタイプだったから、尊重してくれたんだと思う」

──ひとりっ子?

「ううん、お兄ちゃんいる」

──いくつ離れてるの?

「んー、2、3個 (笑)」

──そこ曖昧なんだ(笑)。大学を卒業したら就職っていう人が多いなか、Yumikaは自分の好きなことをするっている選択をしたわけだけど、それについて何か言われたことはある?

「就活をしないときがいちばん言われたかも。友だちとかに『なんで就活しないの?』って。『え、なんで就活するの?』って言った(笑)。でも、そういうことじゃない? 『なんで髪ピンクなの?』『じゃあなんで髪黒なの?』みたいなね。理由があってしてるから。かわいいもん」

──ピンク好きなの?

「うん。それに、ダンサーって目立ったもん勝ちだし、覚えてもらえるから。私、どこか事務所に所属してるわけじゃなくて、ぜんぶ自分で仕事管理してるのね。だから、自分でいろんなところに顔だして、人脈を作らなきゃいけなくて。そんなときも名前は覚えられなくても『あー、あのピンクの子ね』みたいな感じで認識してもらえるから」

20170418_gendouryoku03.jpg

──自分で全部を管理するのって大変そう。どうやって管理してるの?

「Googleカレンダーで管理してる。仕事ってなんでもそうだけど、信頼関係が大事でしょう? たとえばダンスのイベントをブッキングしてもらったのに『体調悪くて休ませてください』なんてことになっても、そんなの本当か嘘かわからないし、信頼問題につながるからさ、熱出ても踊ったりしてた。踊ってたら治ったよ(笑)。かわいくて踊れる子なんていっぱいいるから、中身が大事だよね。時間守るとか態度とかね」

──仕事って信頼がいちばんだもんね。ところで、Yumikaはいつから「人と違ってもいい」って思えるようになったの? 昔から?

「私、昔は厳しい学校に通ってて。まあ、そのときもひとりだけスカート短くして反発みたいなのもしてたんだけど。でも、やっぱりそういうのは良くないって言われ続けるじゃない? それで、留学してみたいってなった。はじめは中3のときに一週間くらい短期でアメリカに行ってみたんだよね。そのときに、授業にサングラスかけて行ったの」

──サングラス(笑)!

「絶対日本だったら、『なに、あの子?』ってなるし、先生から怒られるじゃん。でも、先生が『スーパースターみたいね!』って言ってくれたの。そのときに、『人と違うことが良いのか悪いのかって人次第なんだな。じゃあ私は自由でいたい!』って思ったの」

1 2 3次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。