ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

スポーツ時計のウェンガーが売れる!買取価格を比較してみた

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

スポーツをしている方の間で特に人気の高いウェンガー(Wenger)の時計。時計の製造が盛んなスイス製ということもあり、日本国内では愛用者がたくさんいます。

ウェンガーといえば、ブランドの時計の中では比較的手に取りやすい価格設定であることから、そもそも売れるのか?買取価格はいくらになるのか?と不明点は多いようです。

今回は、そんなウェンガーの時計の買取相場を、お店ごとに比較しました。他にも、少しでも時計を高く査定してもらうコツなどについても伝授するので、売却予定があるという方はぜひ参考にしてください。

ウェンガーの時計買取価格を徹底比較

null出典:David Phasey

1893年創業、元々はナイフメーカーであったウェンガー(Wenger)。2005年にビクトリノックスに合併されたものの、商品展開の中にはナイフに限らず、腕時計も含まれていました。腕時計の製造が盛んなスイスの製品であることから、今も腕時計はウェンガーとして販売されています。

デザインは全体的にしっかりとゴツめのフォルムをしたものが多く、アクティブに使える印象が強め。それではウェンガーの腕時計の買取価格を比較した結果を見てみましょう。

買取大臣:~25,700円

-

買取大臣の口コミを見る

買取大臣の実績は、25,700円でした。こちらのお店は宅配買取を中心としたお店です。ウェンガーの時計は、全体的に定価の約半額前後で買取を行っている印象です。腕時計に装着する、別売りのベルトも買取可能とされているので、関連するアイテムがあればそちらも一緒に査定してもらうといいでしょう。

送料、手数料は無料で利用可能。振込は買取承諾後、翌日から3営業日以内に振り込まれるので、やりとりのスムーズさも魅力です。

アウスタ:~50,500円

null出典:アウスタ

アウスタの実績は、50,500円でした。こちらのお店はアウトドア用品専門店です。大阪に店舗がありますが、宅配買取の利用が可能。佐川急便着払いを利用すれば、送料無料で買取してもらえます。ウェンガーの時計モデルの中でも、squadron、off road、sea forceといったモデルが高価買取。新品未使用品は特に高く査定してもらえる傾向があります。

一番高く売れるのはここ

ウェンガーの腕時計が高く売れるお店は、アウスタでした。買取金額~50,500円と他店に比べると、数万円以上もの差額が出ています。買取実績を元に価格を比較しているので、今後高価買取してもらえるお店が見つかる可能性はまだまだあります。それでは高く売るコツをチェックしてみましょう。

腕時計を高く売るコツ

null

買取店ごとの価格を比較してから売ること

いざ買取してもらう事になり、近所のリサイクルショップでサッと取引を済ませてしまうと、ネットで見ていたような価格では売れないこともあります。なぜかというと、お店ごとに買取価格は異なるからなんです。

モデル、状態、付属品の有無など細かな査定をしていくと、お店ごとに価格差はどうしても出てしまうもの。そしてお店ごとに欲しいと思っているブランドも異なるため、探していくと中にはウェンガーの腕時計を高価買取したいと考えるお店も出てきます。

買取価格でお店を選ぶときは、必ずお店ごとの価格を比較してから売ることが必須です。そこで、まとめてお店の情報を知りたいと思っている方にはウリドキサイトがおすすめです。

こちらのサイトでは、腕時計買取におすすめのお店が集結しているため、口コミ情報をまとめて読めてしまう他、期間限定のキャンペーンも頻繁に行われているので、お得に買取してもらうことも可能です。いくつかのお店の情報が知りたい方はぜひ。

→ウリドキのホームページへ

まとめていくつか査定してもらう

複数の時計をまとめて査定してもらうと、それだけで買取金額をアップして買取してくれるお店がたくさんあります。多くのお店が、一度でたくさんの時計を買取たいと考えているので、ウェンガーの腕時計に限らず売りたい腕時計があれば、いくつかまとめて査定してもらいましょう。

できるだけ早めに査定してもらう

使用していない間にも内部が劣化してしまうという理由もありますが、発売日時からまだ日が浅い段階で早めに査定してもらっておくと、中古が市場に並んでおらず、高価買取してもらえる可能性があります。何らかの理由で使用しないと判断したら、早めに査定してもらって高価買取へ。

付属品も一緒に査定してもらうこと

売る時は、腕時計本体だけでなくブランドの箱、説明書、コマ詰め済みのコマなど、購入した際に付属していたものは一緒に査定に出すようにましょう。オーバーホールを行ったことがある時計であれば、オーバーホール証明書も査定へ出すと買取金額がアップすることがあります。

買取に関する注意点

null

減額になるポイントとは?

まずはやはり、腕時計として動くことが前提であり、傷があるなど傷みが見つかると、その分は減額になってしまいます。そして売る時にコマ詰め済みのコマが不足しているなど、付属品が足りない分に関しても減額ポイントになります。

見積もり査定額を教えてもらった時点では、まだ減額されていないこともあるので、実際に買取してもらった時との買取価格の差には要注意です。

買取の取引には身分証が必須である

腕時計に限らず、買取の取引には、身分証が必要とされています。免許証、各種保険証、パスポートなど、必ず本人のものであり、期限が切れていないものを用意しておきましょう。

顔写真がない各種保険証に関しては、光熱費の明細等も一緒に提示しなければならないお店もあるので、どういった種類の身分証明が必要であるか、不明である場合は店舗の概要欄を読むか、直接問い合わせをしておきましょう。

ウェンガーの腕時計を買取してもらいませんか?

null
スポーツする際に着けられるような腕時計を探している方であれば、ウェンガーの腕時計を中古で探している人もいることでしょう。中には、限定モデルもあるため高価買取が期待できるモデルもあります。ウェンガーの腕時計を売りたいと考えている方は、早めに査定してもらい、高価買取へ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。