体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【レッドブル・エアレース2017】第2戦サンディエゴ大会で室屋選手通算2勝目!

【レッドブル・エアレース2017】第2戦サンディエゴ大会で室屋選手通算2勝目! (Balazs Gardi/Red Bull Content Pool)

4月16日、レッドブル・エアレースの第2戦の決勝がアメリカ西海岸のサンディエゴで行われ、日本人パイロットの室屋義秀選手が優勝。昨年の千葉に続いての通算2勝目を挙げました。

【すべての画像や動画はこちら】

サンディエゴはかつて、2007年から2009年にかけてレースが開催された場所。2007・2008年は現解説者のポール・ボノム氏が勝ち、2009年にはニコラ・イワノフ選手が勝利しています。レーストラックは以前と同じ海上に設定されました。背景には、かつて横須賀にいた空母ミッドウェイ(CV-41)が記念艦「ミッドウェイ博物館」として控えるロケーションです。
【レッドブル・エアレース2017】第2戦サンディエゴ大会で室屋選手通算2勝目!空母ミッドウェイ(CV-41)博物館をバックに飛ぶ(Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool)

■サンディエゴのトラック解説

当時はエアゲートも通過方法の異なる3種類があり、エンジンのチューンナップも可能でしたが、現行のルールになってからは初めての開催。この為トラックレイアウトがどうなるか注目でしたが、開幕戦のアブダビに類似した周回コースになりました。
【レッドブル・エアレース2017】第2戦サンディエゴ大会で室屋選手通算2勝目!サンディエゴ大会のトラック(画像:Red Bull Media House)

スタートゲートの後にシケイン(ゲート2)を通過し、反対側にあるゲート4へのハイGターンの途中にゲート3を挟みます。シングルパイロンのゲート5を通過してゲート6、ゲート7通過後にバーティカルターンで折り返し、スタートゲートに戻ります。同じコースをもう1周してゴール。想定タイムは1分〜58秒台といったところです。

シケインをリズムよく通過してターンに移りますが、ここからが一気に難しくなります。ハイGターンで速度を維持しつつ、ゲート4へ膨らまず良い角度で入れないと、シングルパイロンのゲート5からゲート6へのラインが乱れます。ゲート6〜ゲート7は実際に飛ぶと意外に間隔が詰まっており、ズレも大きい為一直線に飛ぶことができません。つまりゲート6への進入が良い角度でないと、ゲート7へは大きく修正をしなくてはならなくなるのです。風に流されたりして膨らめばパイロンヒット、大きな進路修正で速度を失えば、続いてのバーティカルターンで失速し、タイムロスしてしまいます。ハイGターン後のゲート4から始まる「バックセクション」をいかにミスなく、速度のロスを抑えて飛べるかが攻略の鍵です。

■ニューカラーの室屋機

この大会を前に、室屋選手は愛機のカラーリングを一新しました。シャンパンシルバーからスポンサーであるタイヤブランド、FALKENのレーシングマシンと共通のものとなり、機首部分はグリーン、胴体後半部分が濃いブルーに彩られました。垂直尾翼の上部と車輪カバー(スパッツ)は、室屋選手が2009年に参戦して以来変わらない「日の丸レッド」です。
【レッドブル・エアレース2017】第2戦サンディエゴ大会で室屋選手通算2勝目!新カラーリングの室屋機(Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool)

1 2 3 4次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。