ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

レキシ、新曲「KATOKU」MVは“80年代ロック”のオマージュ炸裂

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
レキシ、新曲「KATOKU」MVは“80年代ロック”のオマージュ炸裂

レキシが、4月26日に発売するシングル表題曲「KATOKU」のミュージックビデオが完成し、YouTube、特設サイトなどで公開がスタートした。

MVのキーワードは「80年代ロック」。そして、バンドメンバー役としてアントニー(マテンロウ)、植野行雄(デニス)、ファビアン(フランキー)、そして風味堂の渡和久がバンドメンバー役としてゲスト出演しており、“あの有名”な80’sロックのミュージックビデオのオマージュも随所に散りばめられた、レキシらしい“笑撃”の内容となっている。

撮影場所は、春の晴天に包まれた横浜某所の倉庫。レキシ、バンドメンバー役の面々がそれぞれ撮影現場入するとまずは衣装あわせが行われた。

レキシの衣装はシングル「KATOKU」の最新ビジュアルともなっているおかっぱ&着物羽織の”若君”スタイル。バックメンバーには、それぞれ女性用セミロングのカツラが用意されるも、今回の80’sロックテイストにあわせて、その場でカツラをオンザ眉毛にカット。

そして、用意された80’sルックの衣装に着替えると、それぞれもはや誰だか分からない異様な出で立ちに一同爆笑しあうなか、和やかなムードで撮影はスタートした。

このMVでのバンドメンバーは、ボーカル・レキシ、ベース・アントニー、キーボード・植野行雄、ドラム・フランキー、そして風味堂の渡和久は、レキシバンドではキーボードを担当するも今回はなぜかギター役として出演。

また、今回撮影に使用されたカメラは、80年代にプロユース機材として使用され、現存台数は数台〜数数十台と言われているIKEGAMIの真空管式ビデオカメラの名機「HL-95」を使用。後付けの質感ではない、そのままリアル80年代の画質で撮影が行われた。

今回の撮影も全カットほぼ一発撮り。また、バンドメンバー役の面々には撮影内容はほぼ知らされてなかったため、OK続きでスピーディーに進む撮影に、アントニーは「大丈夫ですか?ちゃんと使われますよね?笑」との一幕も見られた。

本編の撮影終了後に、レキシから今回出演したアントニー、植野行雄、ファビアンの3人にその場でレキシネームの名付けが行われた。ファビアンはその名前から「フランシスコ・ファビエル」、ブラジル人を父に持つ植野行雄は「ペレー来航」、そして、番組共演などで以前から親交が深いアントニーの番になるとアントニーは「ずっと前からレキシネームが欲しいと言ってたんですけど、作品に参加しないともらえないから、今回マジで嬉しいっす」と期待を込めるなか、レキシが付けたレキシネームは「大砲の弾」。そのレキシネームにアントニーは「大砲の弾、て。。。笑」と戸惑いも見せるも爆笑に包まれた。

そして、最後はメンバー5人でバンドっぽいアーティスト写真を撮影して、全撮影が無事終了となった。なお、レキシネーム名付けシーンは、「KATOKU」MV(YouTubeバージョン)のインサート映像として公開されている。

「KATOKU」特設サイト
http://rekishi-ikechan.com/free/special/feature/katoku/

「KATOKU」ミュージックビデオ(YouTube ver.)

リリース情報
シングル「KATOKU」
2017年4月26日発売

初回限定盤(CD+グッズ(レキシ特製オルゴールサウンドメッセージカード))VIZL-1113 1,700円+税

通常盤 (CD)VICL-37250 1,200円+税

関連リンク

レキシオフィシャルサイト「うぇぶ城」:http://www.laughin.co.jp/ikechan/
レキシ レーベルサイトhttp://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A024737.html
レキシ オフィシャルTwitter@ekechang

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。