ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

オーディオの買取ならば、秋葉原に行かなくてはいけない理由とは?

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

秋葉原といえばやっぱり電気街、2次元の女の子にコーティングされたその表面を一枚剥げば、あちこちに見つけることができるのは電気街の名残なのです。ジ・アザー・サイド・オブ・秋葉原……例えばオーディオの世界はいかがでしょうか?まあタダでさえディープな秋葉原、そこにオーディオが加われば、まあ底なし沼のごとく深遠なる世界が広がっているのです。

オーディオの買取、いざ秋葉原へ!!

null

飽きてしまったあんなアイテムや、誰かから譲り受けた高価そうなアイテムを買取ってもらおうかな?そんなことを考えたならば、秋葉原へ行かないという選択肢はありません。なぜなら!!近年流行のあんなアイテムの専門店から、半世紀に及ぶ長い歴史を持つショップまで、実にバラエティー豊かに軒を並べているからです。あなたのオーディオにベストマッチするショップが必ず見つかるはずなのです。

秋葉原のオーディオショップといえばココなのだ

e☆イヤホン 秋葉原店

null出典:e☆イヤホン
特徴
・ヘッドフォン、イヤフォンに特化した専門店
・絶好調、大阪梅田にも新店舗オープン
今年の10月に6店舗目となる「梅田EST店」をオープンさせた「e☆イヤホン」、☆が実にいい味を醸しだしていますが、文字通りヘッドフォンやイヤフォンの専門店。これらの特徴といえば、機体ごとに驚くほど音が変わる点。店内の多くの商品が試聴可能となっていますから、高価買取だけでなく買換えにもピッタリのショップとなっているのです。

住所:千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビル4F

ハードオフ 秋葉原1号店

null出典:ハードオフ
特徴
・ハードオフの前身は何といってもオーディオ専門店
・フロア丸ごとオーディオ、B1Fはジャンク館。売るだけではもったいない

オーディオ専門店「株式会社サウンド北越」を経営していた山本善政氏が一念発起、リサイクルビジネスに手を出した結果が現在の「ハードオフ」なのです。それだけに、オーディオの買取については見るべき点があったりします。秋葉原1号店は、広いフロアほとんど丸ごとオーディオだらけ、その品揃えを見れば、買取査定の眼力もおのずと知れるといえましょう。

住所:千代田区外神田3-11-2 ロックビル2F

ハイファイ堂 秋葉原店

null出典:ハイファイ堂

特徴
・6店舗を展開中、オーディオの老舗
・素朴なHPと掲載されている商品の迫力

例えばオープンリールデッキだけでなくテープとか……ちょっとジャンクチックナオーディオも得意としているのが「ハイファイ堂」。うーん、ナイスなネーミングですね。こちらのショップはオーディオだけでなくレコードなどのソフトや真空管などのパーツの買取・販売もおこなっています。「こんなもの買取してもらえるのかな?」そう思ったら、まずHPのフォームから問合せを。

住所:千代田区外神田5-3-12 清和ビル

ダイナミックオーディオ・トレードセンター

null出典:ダイナミックオーディオ

特徴
・50周年を迎えた「ダイナミックオーディオ」の中古部門
・各フロア完全責任担当制、マニアックな香りがプンプンします

試聴回などのイベントなどを多数開催している「ダイナミックオーディオ」そのトレードセンター4階が買取フロアになっています。こちらのショップがユニークなのは、各フロアごとに別のショップかと思うばかりの色付けがなされている点。ちなみに買取フロア、別名を「目黒のよろず屋」といいまして、目黒氏の完全責任体制となっていますから、氏の好みと一致するアイテムならば買取アップなんて事もあるかも?なのです。

住所:千代田区外神田1-7-2

秋葉原オーディオ

null出典:秋葉原オーディオ

特徴
・こちらは創業43年、長い歴史が信用の証
・正統派総合オーディオ専門店、中古も新品も納得の品揃え

大小さまざまなオーディオショップが立ち並ぶ秋葉原で43年間!!それだけでも、このショップが持つ迫力が伝わってきそうです。中古だけでなく新品ももちろん充実しており、買取はもちろん下取りも絶賛実施中。うまい具合にニーズと合致すれば、思わぬ高値で買取といったことも起こりうるショップです。秋葉原に来たならば足を運ばなければなりません。

住所:千代田区神田須田町2丁目23 芝崎ビル3F

お店の選び方

null

ショップのカラーを見極めて

ハイエンド機買取が得意なショップ、手広く買取を行っているショップ、アイテムに特化した買取ショップ……さすがに元電気街だけに様々なカラーが集まっている秋葉原。それぞれのカラーを見極めて、自分が売りたいアイテムと相性がいいショップを選ぶというのが第一です。

迷ってみるのもまた一興

大手家電ショップの買取センターやリサイクルショップの大型店など、他にもオーディオを扱っているショップが多数あるのが秋葉原。それほど広大なエリアでもないですから、アイテムを手に片っ端から周ってみるのも楽しいはず。丸一日潰す覚悟でいると、通常目にしている秋葉原と違う表情が見えてきます。これも店選びの副産物、楽しんでいきましょう。

高価買取のコツやポイント

null出典:Bowers & Wilkins

せっかくだから店頭へ出向く!!

秋葉原へ出向くことができる距離に住んでいるならば、タンスと見紛うばかりの巨大スピーカーでもない限り、店頭へ持参しない手はありません。各店宅配や出張買取にも力は入れているものの、その分査定が辛めになるのは致し方ないところ、持参するのが最上なのです。店頭での駆け引きや、思い入れを語ってみるなど楽しさもおまけで付いてきます。

少々の手間はかけましょう

どれだけ素晴らしいオーディオであっても、状態が悪いものは大切に扱っていないと判断されて、査定・買取額が厳しくなるものです。キズなどどうしようもないものはそのままで、ホコリや汚れぐらいは取り除いて持参しましょう。分解掃除ができればベストなのですが……最低の手間ぐらいはかけてやれば、その分買取価格も応じてくれるものです。

秋葉原でオーディオを売るということ

null

さて、ただでさえディープな秋葉原で、ブラックホールのごとき一層のディープさを見せるオーディオ専門店、いかがだったでしょうか。ユーザーとして考えるのは、大切なのは買取価格はもちろん、自分の大切なコレクションを理解してくれるか否か?といったところ。そう考えると秋葉原にそろうのは絶好のオーディオショップばかりといえるでしょう。趣味の世界で戯れる……これも買取の醍醐味といえるはずなのです。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。