体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【新大久保】韓国の食べ歩きスイーツ「ホットク」食べ比べランキング!

新大久保と言えば、東京のコリアンタウン。街を歩けばハングル文字が溢れ、韓国料理屋さんや、韓流グッズやコスメのお店が溢れ、まるでソウルに行った気分になれちゃう場所です。

そんな新大久保には、食べ歩き屋台があちこちに見られます。その屋台で食べられる定番スイーツが「ホットク」。丸くて食べやすいサイズのお菓子です。日本でいうなら、おやきに近い感じ。

そのお店のホットクの味も千差万別。人によって好みもある模様。じゃあ、どんな風に違うの? ということで、新大久保のホットクを食べ比べてみました!

「ホットク」ってどんなお菓子?

「ホットク」は韓国でよく食べられているお菓子。気軽に食べられるので庶民の味として親しまれています。小麦粉やもち粉を使った生地に、黒糖やシナモンを使った「蜜」を包んで焼きます。新大久保ではどのお店も注文してから作ってくれ、熱々を提供してくれます。その作り方を覗いてみましょう。

韓国の食べ歩きスイーツ「ホットク」を新大久保で食べ比べ!
もちもちして弾力のある生地に器用に具材を入れていきます。ちゃんと蓋をしないと、焼いているうちに具が溢れてきてしまうので、さすがここはプロの技です。

韓国の食べ歩きスイーツ「ホットク」を新大久保で食べ比べ!
片面が焼きあがると、ひっくり返してホットク用の押し器「ホットクヌルゲ」で平たくしていきます。この過程が一番楽しい!

韓国の食べ歩きスイーツ「ホットク」を新大久保で食べ比べ!
こんな感じでホットクが出来上がっていきますよ。今回の食べ歩きでは、ホットクの定番「はちみつ」を各店舗で注文してみました。では早速紹介しましょう!

ジョンノホットク 5号店

韓国の食べ歩きスイーツ「ホットク」を新大久保で食べ比べ!
新大久保で一番店舗数が多い「ジョンノホットク」。こちらは新大久保で一番最初にホットクを出したお店だったとか。だから「元祖」とついています。この5号店は職安通り沿いのドン・キホーテの横にありわかりやすいです。

韓国の食べ歩きスイーツ「ホットク」を新大久保で食べ比べ!
「ジョンノホットク」の生地は、ふわふわでパンのような感じ。小麦とおそらくイーストの香りがするちょっと懐かしい味わいです。しっかり発酵した生地のホットク。

韓国の食べ歩きスイーツ「ホットク」を新大久保で食べ比べ!
厚みがあるので食べ応えもあります。中に入った蜜はピーナッツ入り。シナモンがしっかり効いてて、甘さ控えめです。パクパク食べられちゃいます。「元祖」と言うだけに、この「はちみつ」を頼む人が一番多いよう。

ジョンノホットク 5号店
東京都新宿区大久保 1-12-6 1F

ソウル市場

韓国の食べ歩きスイーツ「ホットク」を新大久保で食べ比べ!
大久保通り沿いにあるいつも賑わっている韓国食材を扱うスーパー「ソウル市場」。そのお店の片隅にあるのがこの屋台です。お店の角にあるので少しわかりにくいですが、行列になっているので目印にしてください。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。