ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

泣き叫ぶ我が子を見守るしかできない…。新生児黄疸が悪化して光線治療のため入院

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope04:20160930214637j:plain

「黄疸」とは、体内でビリルビンという物質が増加して起こる現象で、新生児黄疸はかなりの確率で現れるといわれます。

そのほとんどは生理的な現象なのですぐに治まりますが、病的黄疸の可能性があり、値が芳しくない場合は、ビリルビン値を下げる治療が行われます。

その治療とは、まずは光線療法が行われます。光を当ててビリルビンの値を下げますが、光線でもビリルビンの値が下がらなければ、体内の血液をすべて置き換える「交換輸血」が行われます。

私は、この「新生児黄疸」については何も知らずに娘を出産し、出産後、退院にむけて順調な日々を過ごしていました。

退院当日の最終検査で、娘の黄疸の数値を確認した看護師さんから「黄疸の数値が低いので、再検査をします。再検査した結果、問題なければ退院ですが、同じ数値が出た場合、今日は退院できない」と言われました。

そして再検査の結果、看護師さんから「今日退院できますよ。ただ、念の為、明日再度病院にきてください」と言われ、ひとまず落ち着いて退院しました。 関連記事:ビリルビン値が下がらない!黄色い我が子、辛かった新生児黄疸の治療

次の日再度病院に向かい、再検査をしたところ、黄疸が悪化しているということで、「光線治療ができる病院を紹介します」と言われてしまいました。

私は、どうしたらいいかわからず茫然としてしまいました。看護師の方が入院先を探している間、待合室で待っていると、すべてが自分の責任のような気がして、涙が流れて止まりませんでした。

再入院ということで、心配になった主人はすぐに会社を早退し、駆けつけた両親と合流し入院先の病院へ移動しました。手続きをして、照射治療の部屋へ行くと、具合の悪い入院中のお子さんがたくさんいて、薄暗い部屋の雰囲気もあり、それだけで心が押しつぶされそうでした。

すぐに光線治療が開始したのですが、その病院の光線治療の機械は、赤ちゃんが裸でないと治療ができないものでした。新生児は裸になることをすごく嫌い、沐浴だけでも泣いてしまうのに、長時間、裸で行う照射治療に、娘は泣き叫び続けていました。

小さい身体で、割れそうな大きな声で泣く姿は、とてもかわいそうで、私は涙を流し続け、主人は茫然としていました。

24時間光線治療を行い、その後は経過をみてから退院ということで、無事、3泊4日で退院することができました。

その後は、何の問題もなく、娘はすくすくと育っています。今思えば、あの時、娘を出産して、初めて自分にある「母性」を感じました。元気に育ってくれている娘、支えてくれている旦那、両親に日々感謝です。 関連記事:新生児黄疸で治療に入った娘。空のベビーベッドをみて急に悲しくなってしまったけど…

f:id:akasuguope04:20160912165439j:plain

著者:智香

年齢:30歳

子どもの年齢:0歳

2016年7月に長女を出産した新米ママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

黄疸が出て。
新生児黄疸で治療に入った娘。空のベビーベッドをみて急に悲しくなってしまったけど…
ママのかわりに頑張るね!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。