ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『4月18日はなんの日?』ナイル・ロジャースとともに80年代を席巻したベーシスト、バーナード・エドワーズの命日

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『4月18日はなんの日?』ナイル・ロジャースとともに80年代を席巻したベーシスト、バーナード・エドワーズの命日

 4月18日はシック(Chic)のベーシスト/プロデューサーとして活躍したバーナード・エドワーズの命日。

 バーナード・エドワーズは1952年10月31日アメリカ・ノースカロライナ州生まれ、NYブルックリン育ち。1977年に現在の音楽シーンでも注目を集め続けるレジェンド・ギタリスト/プロデューサーのナイル・ロジャースとともにファンク・バンド、シックを結成し、バンドを成功に導くとともにプロデュース・チームとしても数々のヒット曲を生み出した。シックの全米ビルボードNo.1シングル「おしゃれフリーク」(1978年)や「グッド・タイム」(1979年)などはもちろん、ダイアナ・ロスの『ダイアナ』(1980年)、マドンナの『ライク・ア・ヴァージン』(1983年)、デビット・ボウイの『レッツ・ダンス』(1984年)、ミック・ジャガー『シーズ・ザ・ボス』(1985年)など、ロジャースとともにプロデューサー/ベーシストとして制作に携わったヒット作は数えあげればきりがない。80年代後半、シックは自らのバンド活動よりもプロデュース業がメインとなったが、1992年に久々の新作『シック・イズム』を発表。1996年に日本武道館でおこなわれたナイル・ロジャーズのプロデュースによるイベントで、久々にステージ上で復活を果たしファンを歓喜させた。しかし、その翌日となる4月18日、バーナード・エドワーズは宿泊していた東京のホテルの一室で急死。43歳という若さで帰らぬ人となってしまった。80年代を席巻したシック・サウンドは、盟友ナイル・ロジャースによって現在の音楽シーンにも脈々と受け継がれている。

関連記事リンク(外部サイト)

ナイル・ロジャースがボウイ、プリンスとの思い出を回想「彼らが世界に与えたもの、俺個人にくれたものは特別」
プリンスの元妻2人による追悼式、ナイル・ロジャースやスパイク・リーらが出席
EW&F モーリス・ホワイトが死去、レディー・ガガ×ナイル・ロジャースがグラミーでボウイ・トリビュート:今週の洋楽まとめニュース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。