ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

産まれることは決して当たり前じゃない。3年ぶりの妊娠で初期流産した私の場合

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope04:20160623180930j:plain

体調の変化に気付き、妊娠検査薬を試してみて3年ぶりに見る陽性反応。

すでに長男を出産した経験があった私は、病院で確認する前に親戚や職場に報告をしました。

赤ちゃんの姿がきちんと確認できるよう十分な期間を空け、エコーを見るのを楽しみに病院へ行きましたが、診察してみると赤ちゃんどころか袋すら見えませんでした。

先生からは「もしかしたら時期がずれているのかもしれない。でも次回の診察でも見えなかったら、残念だけど今回の妊娠はうまくいかなかったという事。」と告げられました。

何も疑うことなく順調な妊婦生活になると思っていた私はとても動揺し、思わず涙が溢れました。

尿検査ではハッキリと妊娠反応が出ているものの、茶色っぽい少量のオリモノも出ていたので「切迫流産」と診断され、自宅安静の指示が出されました。

先生の言う通り、時期がずれているのかもしれない。

でも、基礎体温を測っていたからそんなはずはない・・・。

そんな考えに頭を巡らせていた数日後、とうとう出血が始まってしまいました。

日に日に出血は酷くなり、半ば諦めたまま迎えた再診の日。

出血のことなども含めすべて先生に伝えました。

先生も「そうかぁ・・・」と残念そうにしながら内診。

すると、「あれ?いるよ!!」と一言。

驚いてモニターを見てみると、小さな小さな袋がそこには映っていました。

そして先生からの「赤ちゃん、頑張ってるよ!」という言葉。

奇跡だと思いました。

しかし、再び希望を持ったその日の夜、生理痛のような痛みを感じるようになり、その痛みは時間が経つにつれてどんどん強くなりました。耐えられず病院に連絡し市販の鎮痛剤を服用してもいいか聞いてみましたが飲まない方がいいと言われ、自力で耐えました。

生理痛の10倍ぐらいに感じる強い痛みは、定期的に襲ってきました。

その日はたまたま主人と息子が実家に泊まりに行ってしまっていて、一人自宅で過ごしていた私。痛みに耐えている時間がとても長く感じました。

そして痛みに耐えること数時間、トイレに行ったタイミングで、それまでの出血とは明らかに違う、塊のような物が出てきてしまいました。

塊が出てしまってからは、それまでの腹痛が嘘のようになくなりました。

赤ちゃん、出てきちゃった…。

覚悟を決めて、病院に連絡。

翌朝、一般診療時間の前に診てくださるということで早めに病院へ行きました。 関連記事:順調なのが当たり前だと思ってた…。誰にでも起こりうる妊娠初期の流産

まだ妊婦さんのいない静かな院内。先生方の心遣いが嬉しかったです。

内診してみると思った通り、お腹の中は空っぽ。

覚悟していたつもりでしたが、溢れる涙を抑えることができませんでした。

短い間でしたが、涙を流したり、希望を持ったり。色々な経験をしました。

そしてこの悲しい経験から学んだことは「命が誕生するのは奇跡」という事。

その後娘を授かることが出来ましたが、周りへの報告はとても慎重になりました。

命が生まれるというのは決して当たり前じゃないんです。

そんな大切な事を改めて教えてくれたあの小さな命には、今でも心から感謝しています。 関連記事:13人に1人は経験しているという初期流産。そのひとりになってしまった私

f:id:akasuguope04:20160621231003p:plain

著者:ちゃんそうママ

年齢:29歳

子どもの年齢:4歳、1歳

元気いっぱいの子供たちの育児に追われる二児の母です!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

授かり婚のはずが…10週で流産に。居場所を見失っていた私にかけられた義母の言葉
順調なのが当たり前だと思ってた…。誰にでも起こりうる妊娠初期の流産
流産を乗り越えて…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。