ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

リモコン不要、平面をスワイプするだけ!IoTデバイスをジェスチャー操作可能にする、世界初ソナーガジェット登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Welleあらゆるオブジェクトの平面をスマートインターフェースに変え、ジェスチャーコントロールできるようになる。そんな便利ツールが、現在クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を受付中の「Welle」だ。

・ソナーでジェスチャーを認識し、指定したアクションを実行

内蔵のソナーが“手書き”を認識し、IoTの他デバイスと連動し、即座に指定されたアクションを実行するというもの。

自宅のテレビの電源やスピーカー、カメラのオンオフ、ライトの明るさ調整など、リモコンや本体ボタンを押すことなく操作可能になる。

Welle2ソナー技術は、軍事や自動車、ドローン分野などで広く用いられている。

ソナーがシグナルを発信し、ターゲットとなるオブジェクトから反射されたエネルギーを集約。エコーの特徴が抽出され、アルゴリズムによって解析された情報は、IoTデバイスへの指令へと変換される。

・広範囲を網羅でき、しかも省エネ!

赤外線通信などと比べて超音波が優れている点として、赤外線通信はセンチメートル単位のレンジにしか対応しないが、超音波はメートル単位で認識できる。

また、明るい状況下でもジェスチャー認識の精度は低下することがなく、消費電力もミリワット単位という省エネ仕様で、同じバッテリーサイズでも長時間の作動が可能だ。

・専用アプリからジェスチャーを設定

Welle3利用方法も簡単。Bluetooth接続、初期インストール、専用アプリ(Android、iOS)のセットアップのみ。

「Welle」の電源をオンにしてアプリを起動すれば、オートで連動が開始。アプリ上で連動させたいデバイスや機能を選び、ジェスチャーのパターンを設定すれば、後は対象オブジェクトの付近でそのジェスチャーを実行すればいいだけ。

・数字やアルファベットも認識

ジェスチャーパターンにはプリセットが用意されていて、好きなものを選べる。指を左右、上下に動かす、右回り、左回りの円を描く、左にスワイプさせる……などなど。そのほか、文字やアルファベットを認識することも可能だという。

便利で活躍間違いなしの「Welle」は、早期予約価格69ドル(約7460円)~。

Welle

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。