体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「Onyx Boox Typewriter」はE Inkディスプレイを搭載した2 in 1タイプのAndroidデバイス

中国メーカー Onyx が E Ink の電子ペーパーディスプレイを搭載した Android ノート PC デバイス「Onyx Boox Typewriter」を HKTDC 2017 年春版に出展しました。Onyx Boox Typewriter は 9.7 インチ 1,200 x 825 ピクセルの E Ink ディスプレイを搭載した 2 in 1 タイプのハイブリッドデバイスで、デタッチャブルなキーボードにドッキングすると、昔のタイプライターのように見やすい E Ink ディスプレイ上に文字を入力できます。Onyx Boox Typewriter はスタイラス入力をサポートしており、タブレットモードの場合には文書ファイル等に手描きの注釈文字やイラストなどを合成することができます。Android を搭載していますが、OS バージョンは Android 4.0 とかなり古いバージョンが使用されています。Android を搭載したこと自体は売りではなく、あくまでも E Ink ディスプレイによって屋外で超見やすいこと、さらに、バッテリーが 25 日間も持つという長持ちなところがこの製品の売りとなります。Source : cnBeta

■関連記事
Android版「Facebook」アプリのバックグラウンド再生が利用可能に
耳によくフィットし外れない、けっこうオシャレなワイヤレスヘッドセット「BELLBOY」が登場
Ski Jump VR : スキージャンプをVRで体験できるスポーツゲーム

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。