体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大きな観葉植物をお部屋に飾りたい! オシャレに見えて育てやすい種類を聞いてきた

f:id:ponparemall:20170406101739j:plain

春の新生活スタートに向けて、お部屋もオシャレにしたい!と思っている人は多いはず。オシャレな部屋にあるものといえば…大きな観葉植物!置いてみたいけれど、どんな基準で選べばいいのか全く分からない!ということでインテリアに融けこむグリーンを提案する「TRANSHIP」の杉澤さんにレクチャーしていただきました!

お部屋用の大きな観葉植物を選ぶポイントは3つ

植物選びのポイントは、大きく3つあるのだそう。これらをクリアにしてショップへ行けば、植物選びがスムーズに!

(1)植物を置きたい場所の日当たり

(2)植物を置きたいスペースのサイズ

(3)お部屋の中での植物の位置づけ

では、それぞれ具体的に教えていただきましょう!

(1)植物を置きたい場所の日当たりから考える

「まず大切なのは、日当たりです。植物を置きたい場所の日当たり状況によって、選ぶ植物は変わってきます。たとえば、日当たりがあまり良くない場所に日当たりを好む植物を置いてしまったりすると元気に育たなかったり、植物の持ち味を活かせなかったりします」(杉澤さん・以下同)。

日当たりの状況は下の3つに分類できるのだとか。自分が植物を置きたい場所の日当たりがどれに当てはまるか、チェックして。

・日光が当たる(入る)

f:id:ponparemall:20170406113518j:plain

「南向きで、窓からの光を強く感じるような環境を指します。昼間に一切電気をつけなくてもカーテンを開けておけば、電気をつけているのと同じくらい、もしくはそれより明るいという状態。昼間に電気をつけなくても新聞や雑誌が読めれば、日光が当たる環境と思っていいと思います」

・やわらかい光が当たる(入る)

f:id:ponparemall:20170406113541j:plain

「強い日差しは入らず、明るいけれど暗すぎない環境のことで、具体的にはレースのカーテン越しの窓辺などですかね。やわらかい光を好む植物は葉の表面が薄めの植物が多いのですが、こちらを強い光が当たる場所に置いてしまうと「葉焼け」が起きてしまうことがあります。ですので、植物選びにとって日当たりはとっても大切な要素なんです」

・明るい日陰

f:id:ponparemall:20170406113618j:plain

「昼間、光は入ってくるけれど電気を付けないと少し暗いような環境を指します。たとえば軒下をイメージするといいかもしれません。部屋に置いてある物は見えても字が読みにくければ、明るい日陰だと判断してよいと思います」

(2)植物を置きたいスペースのサイズから考える

1 2 3 4 5 6次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。