ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ディーゼル腕時計の買取No.1店はどこ?徹底比較してみた

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

イタリアのハード系ファッションブランドとして知られる、ディーゼル。日本国内でも広く知られており、男性だけでなく女性にも人気があります。さまざまなファッションアイテムを展開する中で、ディーゼルの腕時計を売りたいと考えている方に。

ディーゼルの腕時計を買取してもらうといくらになるのか?相場をお店ごとに徹底比較しました。気になるお店があれば査定してもらいましょう。そして高く売るコツについても伝授するのでお見逃しなく!

ディーゼルの腕時計買取価格を徹底比較

null出典:WILSON TIQUE

1978年創業イタリアのアパレルメーカー、ディーゼル(DIESEL)。幅広いファッションアイテムを展開し、日本国内では店舗も数多く存在するほど人気です。かつては大人を中心に人気が高いブランドとして知られていましたが、最近は学生からの注目も集まるブランドへと進化しています。腕時計の買取相場をお店ごとにご紹介しましょう。

買取大臣:~17,000円

-

買取大臣の口コミを見る

買取大臣の実績は、17,000円でした。こちらのお店はamazonで売っているものであれば買取可能としているお店であり、ディーゼルの腕時計も全体的に査定が可能です。買取方法は主に宅配買取。送料、手数料が無料で利用できます。キャンセル時の返送料金はかかりますが、査定金額が高価であることから、非常におすすめです。

高山質店:~15,000円

-

高山質店の口コミを見る

高山質店の実績は、15,000円でした。こちらのお店は年間買取実績が100万件を超えており、複数ジャンルのアイテム買取が可能であることで知られています。ディーゼルの腕時計に続き、バッグなど他にも買取してほしいアイテムがあればまとめて査定してもらうのがおすすめです。宅配買取を利用すれば、送料無料。キャンセル料無料。 無料宅配キットも無料でもらえるので梱包材を用意する必要がありません。

ブランディア:~6,000円

-

ブランディアの口コミを見る

ブランディアの実績は、6,000円でした。ブランド品買取の専門店のこちらのお店では、宅配買取が買取方法のメインとなっています。買取時にかかる手数料は全て無料です。ディーゼルは他にも、スニーカーや服、バッグ、財布も買取可能であり、いずれも買取実績があるため安心して売れるでしょう。他にもハイブランド系のアイテムがいくつかあるという方にはこちらのお店がおすすめです。

リサイクルショップ ベクトル:~5,000円

-

リサイクルショップ ベクトルの口コミを見る

ベクトルの実績は、5,000円でした。こちらのお店はブランド服を中心に買取を行っており、ディーゼルの時計も買取可能です。新しいモデル、古いモデルに関わらず査定してもらえるので、査定をしてもらうといいでしょう。LINEの登録でお得に査定してもらえるサービスも実施しているため、SNS登録にも注目を。宅配買取の利用時は、手数料全て無料です。

一番高く売れるのはここ

ディーゼルの腕時計が一番高く売れるお店は、買取大臣でした。買取金額~17,000円と他店に比べると、相場として見ても倍以上の価格差が出る可能性があるため、売る前には比較が必須です。

腕時計を高く売るコツ

null

一番高く売れるお店を探しておくこと

どのお店も同じ価格で売れるかというと、そうではありません。お店ごとに価格は異なるため、売る前に高く売れるお店を探しておく必要があります。逆に、お店を探しておくだけでも高く売れるということです。

方法としては、見積もり査定額を出してもらい、一番高く見積もってくれた買取店で売ることです。そこでおすすめなのが、ウリドキサイトです。こちらのサイトでは腕時計を買取してくれるお店がいくつか並んでいるため、まとめてお店の情報が確認できる他、そのまま買取ページへ進むことも可能です。

期間限定で買取金額がプラスになるキャンペーンも実施しているので、売る前にはチェックを。キャンペーンクーポンを見つけたら、終了してしまう前に査定してもらいましょう。

→ウリドキのホームページへ

付属品も査定に必要なアイテムのひとつ

腕時計を売る時は、本体だけでなく周辺アイテムも一緒に揃えて査定に出しましょう。ディーゼルブランドの箱、巾着、説明書、コマ詰め済みのコマなど、購入した際に付属していたものはすべて査定へ。たったこれだけでも数千円もの差額が出ることもあるので、重要です。オーバーホールを行ったことがあるというのであれば、オーバーホール証明書も査定へ。

早めに買取してもらうこと

発売日時がまだ新しい腕時計は、中古で手に入る機会が少なく高額査定してもらえる可能性が高いです。売りたいと思ったら、ずっと家に置いておかずに早めに査定してもらいましょう。早め早めを意識しておくと、思いがけない価格で売れることもあります。

買取に関する注意点

null

減額ポイントに注意

自分では綺麗だと持っていた腕時計も、査定員は虫眼鏡を使って査定をするため、細部まで確認が行き届きます。メールやLINEで問い合わせていた見積もり査定額と、実際に査定してもらう時では金額に差額が出ることがよくあります。

傷があったり、内部の劣化、付属品の有無で予定より査定金額は変わる可能性があるので、事前に知っておくと後々価格の変化に落ち込むことなく買取してもらえるのではないでしょうか。

身分証が必須

店頭、出張、宅配といずれの買取の取引を行う場合でも、身分証が必須です。免許証、各種保険証、パスポートなど、必ず本人のものであり、期限が切れていないものを用意しておきましょう。未成年の場合は買取不可としているお店もあるため、その場合は保護者となる身分証を持った人に手伝ってもらうことをおすすめします。

ディーゼルの腕時計は価格を比較してから買取へ!

null
お店ごとに大きく買取価格に差が出るディーゼルの腕時計。高く売りたいと考えている方は、見積もり査定額を出してもらい一番高く売れる店を探し出してから、査定してもらうようにしましょう。店頭買取しか利用したことがないという方も、定番の買取方法になりつつある宅配買取も利用してみてはいかがでしょうか。全国どこにお住まいの方でも、高価買取してもらえるのでぜひ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。