体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まるで海外リゾート!?コバルトブルーの海に浮かぶ絶景!角島が魅力的すぎる

まるで海外リゾート!?コバルトブルーの海に浮かぶ絶景!角島が魅力的すぎる 角島大橋キャプチャー

もうすぐゴールデンウィーク。これからの観光シーズンにぜひ訪れたいのが、山口県の西部、下関市豊北町の沖に浮かんだ「角島(つのしま)」という島です。

角島という名前の由来は、牧崎と夢崎という2つの岬が牛の角のように突き出しているように見えることからこう呼ばれるようになったとか。角島は周囲がおよそ17キロメートルほどで、北長門海岸国定公園に含まれています。

角島には800人ほどの人が暮らしていて、対馬暖流の気候のように暖かい人情にあふれています。

長い間この角島は、間に海士ヶ瀬戸を挟んで本州と隔てられていましたが、2000年に角島大橋が完成し、アクセスしやすくなりました。白い橋がエメラルドグリーンの海に驚くほど調和して、素晴らしい景色を楽しむことができるおすすめスポットなんです。

今回はこの角島の魅力をたっぷりご紹介いたします。

一度は見ておくべき絶景・角島大橋

輝くような海の色はエメラルドグリーンからコバルトブルーへと美しいグラデーションで彩られています。その色彩の中を一直線に伸びていく橋が、角島と本州を結ぶ角島大橋です。テレビCMなどにも登場し、「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」の3位にもランクインしたことで話題になりました。

2000年(平成12年)に開通した角島大橋は、離島へ架けられた通行料のかからない一般道路橋として、日本屈指の長さを誇ります。その全長、1780メートル!まるで南国のような特有の海と調和した白い橋の姿はため息ものの美しさです。角島大橋青い海に一直線に伸びる橋はまさに絶景!

海の上をゆっくりと滑るように伸びていく橋の姿は、本土側の海士ヶ瀬公園からも楽しむことができます。この絶景は、ぜひ生で堪能してみたいですね!

島のシンボル、角島灯台

島の西端にある夢崎には、角島のシンボルともいえる角島灯台が立ってます。この灯台は1876年(明治9年)に完成した、日本海側では初の洋式灯台なんです。この灯台を手掛けたのは明治政府最初のお雇い外国人、リチャード・ヘンリー・ブラントン(英国)。

角島灯台はブラントンの手掛けた灯台の中でも最高傑作とも言われているもので、外側・内側ともに重厚で華麗な総御影が施されています。灯台の内部には105段のらせん階段があって、踊り場まで登ることができるんです!

石造り灯台としては日本第3位の高さを誇る角島灯台のシルエットと、コバルトブルーの海が重なり合う風景は、まるで絵葉書のようです。角島灯台石造りの美しい灯台です

この石造りの灯台は今も現役で、英国製の正八角形一等回転フレネルレンズを使用して活躍を続けています。その光は18.5カイリ(約34キロメートル)先まで届き、海の安全をしっかりと守っているんです。

貴重な近代化遺産として評価が高い角島灯台を中心とした一帯は、角島灯台公園になっています。散策路や広場、展望ギャラリー、角島灯台記念館、などが整備されています。角島灯台記念館は、灯台で働く職員の宿舎として使われていた旧・吏員退息所(りいんたいそくじょ)を改装して作らています。この記念館では角島灯台をはじめとした日本各所の灯台について知ることができます。記念館の中には灯台長の部屋を再現したり、所蔵品や灯台関連の器具が展示されています。

明治時代の建築にはなんだかロマンを感じてしまいますよね。

(灯台参観:大人200円・子ども無料)

海水浴場に隣接・夕日が美しい大浜キャンプ場

大浜キャンプ場は海水浴場に隣接している施設です。この海辺の砂浜は真っ白でさらさらとした質感で、透き通るようなエメラルドグリーンの海の色と相まって南国気分を盛り立ててくれます。真っ白な砂浜の秘密は、貝殻がもとになってできているからだとか。素敵ですよね。美しい海と砂浜は大人気で、海水浴シーズンには多くの人で賑わいます。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会