ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ナカコー&LEO今井もプレイの“六本木VARIT” 1周年パーティーにDATSが出演!新世代感あふれるパフォーマンスをレポート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ナカコー&LEO今井もプレイの“六本木VARIT” 1周年パーティーにDATSが出演!新世代感あふれるパフォーマンスをレポート
 2017年4月14日、東京・六本木 VARITの1周年を祝うアニヴァーサリー・パーティーが開催。今注目のバンド=DATSがライブ出演、またゲストにLEO今井(SOLO SET)、そしてDJにナカコーが出演した。
 ソロながら様々な楽器を巧みに扱う演奏で会場を沸かせたLEO今井、そして、アンビエントやエクスペリメンタルなビート・ミュージックを中心に独特の空気感を醸成したナカコーのDJに続き、この日のトリを飾ったDATS。彼らの登壇した9時半頃にはフロアも満員に。まだアルバム・デビュー前のバンドながら、早耳なリスナーを中心に注目度の高さがうかがえた。
 DATSのライブは、いわゆるロック・バンドとは大きく異なる演奏形態が特徴。杉本亘(ヴォーカル/キーボード)、伊原卓哉(ベース)、早川知輝(ギター)、大井一彌(ドラム)と、基本となる担当楽器はあるものの、追加のパーカッションやパッド、サンプラーなども多用し、曲に応じて個々人の役割も目まぐるしく変わる。杉本のヴォーカルにも常にエフェクトが掛けられ、その聴感はテクノやアンビエント音楽にも通じる。一方で、前編英語詞ながら、メロディやステージングにはロック・バンドらしいダイナミズムも感じられ、その折衷感には新世代らしさが溢れる。
 ライブでは、先日シングルをリリースした「Mobile」や新曲も披露。また、中盤にはラッパーの荘子itが飛び入り参加。DATSのメンバーが、サンプラーとドラムス、観客の手拍子を駆使して即興で組み立てたビートに、ラップを乗せるという自由度の高いパフォーマンスで、バンドとともに会場を盛り上げた。ダンス音楽の恍惚感と、ロックの激しいエモーションを共に感じさせるライブは、現在の勢いとともに今後の活躍を感じさせるに十分なものだった。
 なお、DATSは本日4月17日、デビュー・アルバム『Application』のリリースをアナウンス。また、バンド初の自主企画ライブ【Portal Vol.1】の開催も発表している。7月の【FUJI ROCK 2017】や、その先の波及も含めて、2017年のDATSから目が離せなそうだ。
◎イベント情報
【Varit 1st anniversary party】
2017年4月14日(金) 東京・六本木 VARIT(終了)
DATS presents【Portal Vol.1】
2017年5月28日(日) 東京・渋谷WWW
開場17:00/開演18:00
出演:DATS/雨のパレード/向井太一
◎リリース情報
アルバム『Application』
2017/06/07 RELEASE
2,300円(tax out)

関連記事リンク(外部サイト)

DATS、デビュー・アルバムが完成 そして自主企画イベント【Portal】ゲストに、雨のパレードと向井太一の出演が決定
【フジロック’17】出演も決まっているDATS、ゲスト2組迎える自主企画イベント開催決定
【やついフェス】第3弾アーティストにPUFFY/Shiggy Jr./DATS/LUCKY TAPESら計52組

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。