ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

山猿、福島ツアーファイナルでライブ映像商品「あにばーさる2」発売を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
山猿、福島ツアーファイナルでライブ映像商品「あにばーさる2」発売を発表

山猿が、2月25日よりスタートさせた全国15都市15公演を巡る全国ツアー「YAMAZARU JAPAN TOUR 2017 All we need is LOVE」のファイナルを、4月15日地元福島・郡山市民文化ホールにて開催した。

公演開始前からぎっしりと会場を埋め尽くした超満員のファンたちから“山猿”コールが響き渡り、オープニングSEが流れると会場が一気にペンライトで色鮮やかに彩られ、配管で作られたセットにバックライトを浴びて山猿が登場!オープニングにふさわしい1曲目は「カゲロウ」。ボルテージマックスでライブはスタートした。

今回のツアーはバンド編成ということで勢いのあるロックサウンドで攻めながらEDM調の新曲「Now Scream!!」では4人の女性ダンサーを従えてのフリに会場は早くも一体に。そして勢いそのままにステージは中盤に。自身の自己紹介をラップを交えた「4life」や山猿の代表作「3090〜愛のうた〜」究極の失恋歌「180°」など山猿節全開の楽曲が続き会場は感動の最高潮に。

「ミュージシャンは1年に1回全国ツアーを回らせてもらえるのはとても光栄なこと。次も全国回って、みんなに会いに行けるよう頑張る」という次のステップに向けた決意を語りながら、「みんなが夢を追いかけていくのを後押ししたい」と歌った「DREAMER」では会場全員のテンションもマックスに。飛び跳ねる観客で揺れる中、山猿自身もリミットを振り切り、ステージを降りてホール中央で歌唱。ホール公演にもかかわらずライブハウスのような光景となった。

アンコールではツアーファイナルということで、山猿の地元福島のFCT郡山少年少女合唱団と郡山第三中学校の合唱部がサプライズで登場。「3090〜愛のうた〜」を合唱とのコラボレーションver.として初披露した。アンコールラストの曲は「バイバイ..」今回のツアーはファイナルだが「次のライブで又会いましょう」というメッセージを込めた力強くも切ない歌声で会場は感動に包まれた。

そして終演後のラインナップでの緊急告知でステージの天井から、くす玉が降臨。ステージの大きさと反比例した小さなくす玉から出てきたのは7月12日にライブ映像商品「あにばーさる2」が発売になるという告知。発表されるや否や歓喜の声が会場中であがった。この日会場と生中継で放送したニコニコ生放送では約2万人が熱狂したライブとなった。

関連リンク

山猿 オフィシャルサイト:http://www.yamazaru.net
山猿 オフィシャルfacebook:https://www.facebook.com/yamazaru.jp
山猿 オフィシャルTwitter:@yamazaru_sme
■山猿 LINEスタンプhttp://line.me/S/sticker/1066994

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。