体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

福岡のショッピング・マダムご用達。懐かしき「ビクトリア」の釜めし・ソップがけ【福岡・天神】

f:id:mesitsu_lb:20170412103352j:plain

天神と新天町の歴史

f:id:mesitsu_lb:20170410115451j:plain

新天町商店街の北通りにある「釜めし ビクトリア」。

福岡で育った人間にとって、天神におでかけの際のごちそうといえば、デパートの食堂のお子様ランチか新天町「ビクトリア」の「釜めし」だった。家族で一張羅を着て天神に出かけ、「釜めし」を食べて風船をもらったという思い出をお持ちの方も多いのではなかろうか。いまだに福岡のショッピング・マダムに絶大な人気を誇る「釜めし ビクトリア」の「釜めし」と「鶏のソップがけ」。その歴史は天神の歴史と言っても過言ではない。

九州随一の繁華街・天神は今でこそオシャレなファッションビルやデパート、人気の飲食店がひしめき、九州各地からの買い物客やアジア各国からの観光客で賑わっているが、かつての福岡の中心といえば、那珂川の向こうにある商人の街・博多。戦後間もない頃の天神(を見た訳ではないけれど)は空襲による焼け野原が広がり、西鉄の駅と地場のデパートがあるだけの「郊外」だった。そんな天神に戦後復興のために新天町商店街が作られたのは、昭和21年のことである。

二代目オーナーに聞く「ビクトリア」の歴史

「釜めし ビクトリア」の歴史について、二代目店主の加藤康裕さんにうかがった。

——「ビクトリア」は新天町商店街の開業時からあったんですか?

「ウチはちょっと遅れて昭和29年の創業です。その頃、ここら辺は肉屋さんとか魚屋さんとか生鮮食料品のお店が集まる一角だったんですが、近くに大型スーパーができて生鮮食料品店の廃業が相次いで、空いたところにウチが入ったんです。西鉄福岡駅の隣りにある岩田屋デパートに対して新天町は『平面デパート』と呼ばれて、それはそれは賑わっていたんですよ」

——なぜまた福岡ではなじみの薄い「釜めし」のお店を?

「もともと父と叔父が川端町で進駐軍を相手にステーキハウスをやっていたんですが、これが当たって、貯まったお金で叔父はビアホールを、父は釜めし屋さんを始めたんです。叔父がアイデアマンで、東京浅草あたりで評判になってる『釜めし』を福岡でもやったらどうかという話だったみたいです。と言っても、『釜めし』オンリーでは冒険なので、最初は1階で喫茶、2階を釜めし専門でやっていたんですが、2〜3年で入りきれないほどの人気になったんです。『釜めし』という、日常的なんだけどちょっとグレードが高いという感覚が良かったのかもしれません」

——今でもお昼どきなんかはいっぱいですもんね。

「昔はもっと席数が多かったんですが、博多どんたく(毎年5月3・4日に開催され、国内最大級の動員数で話題になる市民参加の祭り)のときなんかは100席が10回転するほどでした」

——「ビクトリア」の「釜めし」はふんわり優しい味わいですよね。

「厳選した米を鶏ガラスープで一釜ずつきちっと炊き上げています。スープは鶏ガラを4〜5時間煮てかつお節やさば節、調味料を加えてるんです。東京とかの「釜めし」は味付けが濃いめですが、福岡の人の口に合うよう味付け薄めで素材の味をいかしています」。

——毎回具を何にするか迷ってなかなか決められないんですけど、昔からこんなにメニューが多かったんですか?

「そうですね、だいたい創業時からありました。定番の他に、タケノコやカキなど季節の『釜めし』がいくつかあります。『めんたい釜めし』(930円)は創業50周年記念のときに私が考えたものです」

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。