ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

完全ドライバーレストラック「T-pods」計画が始動、2020年までに200台の車両配置予定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
einride_1輸送業界は今、深刻な人手不足に直面している。その背景にあるのが、ネット通販の普及。利用者が増えれば増えるほど、ドライバーは足りなくなり、結果として一人にかかる負担も拡大している。

これは日本のみならず、世界各国共通の問題だ。この状態が続けば、物流そのものが崩れ、消費者の生活に大きな影響を及ぼしかねない。

・ドライバーセンターから遠隔操作する完全無人の輸送トラック

einride_2これを解決すべく、いち早く行動を起こしたのがスウェーデン。自動輸送事業を手がけるEINRIDEという会社が、ドライバーレス輸送トラックの開発計画を発表。「T-pods」と命名されたそのトラックは、遠隔操作によって完全無人で物を運ぶことができるのだという。

車体は、ガソリンを使わない電気自動車。しかも、ガソリンを使わないカーボンニュートラル方式を採用。有害物質を排出しない、環境に優しい車両になるとのこと。人間が乗る運転席はなく、最初から無人を想定してデザインされている。これを操作するのが、専用のドライバーセンター。ここが司令塔となり、複数のトラックを同時に管理していく。

・2020年までに200台の車両配置を予定

einride_3「T-pods」開発計画にあたって、EINRIDEが掲げているビジョンは3つ。1つは環境の保護。これは車体を見れば、明らかだ。2つ目はコストの削減。人手不足に左右されず、業界に依存しない独自のサプライチェーンソリューションを構築していく。3つ目は労働者の賃金水準引き上げ。遠隔運転のためのドライバーセンターを設けることで、業界水準を改善し、新たな雇用の創出をめざす。

Einrideでは2020年までに、スウェーデン全域で200台の「T-pods」配置を予定。すでに、目標の60%の契約を獲得しているそうだ。物流問題の新たな解決策になるか、今後の動向に注目したい。

T-pods/Einride

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。