体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

のんさん“直線裁ち”に挑戦する!『暮しの手帖』トークイベント・レポート

 

 

『暮しの⼿帖』87 号の発売を記念し、東京堂書店神⽥神保町本店にてトークイベントが開催され、女優のんさんと『暮しの手帖』編集長である澤田康彦氏が登壇しました。

 

『暮しの手帖』87 号(3⽉25⽇発売)ではのんさんが “直線裁ち”でつくる「春の はおりもの」制作に初挑戦。トークイベントでは“のんの愛する洋服つくり”をテーマに、はおりもの作りに奮闘した撮影秘話を交え、のんさんの魅力を澤田康彦編集長が掘り下げました。

 暮しの手帖 87号
Fujisan.co.jpより

 

同誌の巻頭頁に女優さんが登場することは珍しく、第40号(2009年)のジェーン・バーキンさん以来だそう。実際に撮影で作った“はおりもの”を着てのんさんが登場すると、客席からは「かわいい!」と歓声があがりトークイベントが始まりました。

 

 

のんさんと『暮しの手帖』の共通点

現在、暮しの手帖社では2018年に創刊70周年を迎えるあたり、忘れてはいけない「戦中・戦後の暮しの記録」を改めて広く一般から募集し、記録に残そうとしています。

 

「戦争中の暮しの記録」は、のんさんが声優をつとめた、大ヒットアニメーション映画『この世界の片隅で』に通じるところがあり、さらに、のんさんが役作りのために劇中に登場する“もんぺ”を実際に作ったというエピソードを聞きおよんだ澤田編集長が、今回の企画をお願いしたそうです。

 

漫画や劇中の資料のみで“すずさん流もんぺ作り”にチャレンジしたのんさんは、作ることですずさんに触れ、当時の生活のイメージを膨らませていったそうです。のんさんにとって“もんぺ”作りは、声を演じるすずさんを理解することであり、共感できる部分でもあります。

 

一方、着物をリメイクする“直線裁ち”は、朝の連続ドラマ小説『とと姉ちゃん』のモチーフでもあった大橋鎮子さんが制作とモデルを務めた『暮しの手帖』の代表的な企画。型紙いらずで誰でも簡単に洋服を作れるのが特徴です。“すずさんのもんぺ作り”と“直線裁ち”には、物資の乏しかった戦中・戦後の生活を少しでも豊かなものにしょうとする暮らしの知恵が息づいているのです。

 

 

撮影が楽しくて!時間を忘れて集中

普段から洋服作りを楽しむのんさんですが、プライベートでも良く訪れ、撮影時にもお邪魔した『ユザワヤ』の店主からは「とても奇抜な布地を選ばれる…」と言われたそうで、やはり今回、選んだ生地も不思議な柄。“はおりもの”を作るのには、少々難しい素材だったようです。

 

のんさんは「早朝から生地店に伺って色々さがして満場一致でこれになりました。でも、アイロンは低温でしなければならないし、背中の模様合わせも難しいしで扱いつらくて。デザイナーのmatohu(まとう)さんに頼りっきり。お陰で、たくさん勉強させてもらえて『暮しの手帖』の特集をやってよかったです」と、撮影後に洋服作りのスキルが各段にあがったことを報告。

 

『暮しの手帖』87号の誌面でも紹介されている「裁ちばさみに輪ゴムを巻くと、ハサミを落としたときに刃の部分が広がらない小技」や「アイロンがけを利用した美しい縫い方」など、matohu(まとう)さんから学ぶところが多かったようです。

 

澤田編集長が「深夜までかかりましたよね。僕らオジサンは疲れが見えてくるのですが、夜の9時10時をまわっても、のんさんだけはキラキラしていて」と振り返ると、のんさんは「楽しいことをしているときの集中力には自信があります。出来たときの喜びが楽しくて」と、目を輝かせて話しました。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。