体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

成果が上がる! スポーツドクターに聞くたったひとつの「心の整え方」

ビジネスパーソンの誰しもが、「心の状態」によって仕事の質や効率が左右された経験があるのではないでしょうか。取引先から褒められた後はなぜか作業がはかどったり、上司から小言を言われた日には落ち込んで何も手がつかなかったり……。せっかく仕事をするのなら、常に心を整えて、いい結果を残したいもの。今回は、有名アスリートやアーティストたちを指導しているスポーツドクターの辻秀一さんに、仕事のパフォーマンスを上げる「心の整え方」について伺いました。

f:id:tany_tanimoto:20170411120732j:plain

辻秀一氏

スポーツドクター。(株)エミネクロス代表。1961年東京生まれ。北海道大学医学部卒業。慶應義塾大学病院内科で研修。慶應義塾大学スポーツ医学研究センターでスポーツ医学を学ぶ。「応用スポーツ心理学」をベースに、個人や組織のパフォーマンスを最適化・最大化する心の状態「Flow(フロー)」を生み出すための独自理論「辻メソッド」を提唱。企業の産業医やチームドクター、健康コンサルタントとして活躍する一方、有名アスリートやアーティスト、大手企業経営者たちに「心をFlowに導く思考習慣」を指導している。著書『さよなら、ストレス』(文藝春秋)など多数。

「不機嫌」が仕事のパフォーマンスを下げる

——仕事のパフォーマンスを上げたいのに、日々の雑事に追われて悩むビジネスパーソンが大勢います。生産性を改善できなければ、長時間労働や過剰なストレスにも繋がりかねませんが、どう対処していけばいいのでしょう?

まず「なぜパフォーマンスがうまく発揮できないのか」を考えてみましょう。結論から言うと、現代人は「機嫌の悪い」状態に陥りやすいから、仕事がうまくいかないのです。機嫌が悪いと、やる気も出ないし、いいアイデアも湧かないですよね。

次に機嫌が悪くなる原因を挙げると、「環境」「出来事」「他人」の3つに分類できます。雨が降ったり、電車が遅れたり、朝一にメールボックスを確認したら未読が100件以上溜まっていたり……。そういった外的要因による刺激によって、我々の日々の機嫌は左右されているわけです。

しかし、これらの刺激を自分でコントロールするのはまず不可能です。となると、この外的な刺激によって不機嫌になっても、自ら機嫌を整えること。つまり何事にも「揺らがず、とらわれず」な状態を目指すことが、パフォーマンスを上げるための一番の近道だと言えます。

——何事にも「揺らがず、とらわれず」な状態とは、集中力を発揮するということですか?

それだけでは足りません。心理学者のミハイ・チクセントミハイが提唱した「フロー理論」というものがあるのですが、何かをする際、それ自体が楽しいので、何にもとらわれずに没入できるような状態のことを「Flow(フロー)」と言います。ちょうど集中とリラックスが共存した状態です。シンプルな言葉に言い換えれば、「機嫌がいい」ということですね。この「機嫌がいい」状態を「心を整える」といいます。

——では、「自分の機嫌が良くなる方法」を見つけることが大事なのでしょうか。例えば、運動をしたり、好物を食べたりするとか……。

それは「ストレス・コーピング」という対処法ですね。確かに、美味しい料理を食べたり、温泉に入浴したり、好きな映画を観たりすると、機嫌がよくなりますよね。ただ、いくら憂さ晴らしの方法をたくさん知っていても、それをすぐに実行できなければ意味がありません。目の前の仕事を早く終わらせるために「じゃあ、今からハワイ行ってきます」なんて無理じゃないですか(笑)。忙しくて、好きなことがなかなかできない状況が続いて、さらに不機嫌になってしまう人もいます。そこで、何よりもまず機嫌がいい状態そのものに「もっと価値を見出す」ことが大切なのです。

f:id:tany_tanimoto:20170411120824j:plain

「ストレス」を感じることは人間の生存戦略だった

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会