体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高橋優、過去最大規模の全国ツアー最終日に9000人が歓喜!

2016年12月3日の埼玉・狭山市市民会館からスタートし、過去最大の7万人を動員した高橋優の全国ホール&アリーナツアー2016-2017「来し方行く末」が4月16日(日)の大阪城ホールにてツアーファイナルを迎えた。
4月16日(日)@大阪城ホール (okmusic UP's)
高橋優にとって大阪城ホールでのワンマンは初となるが、ライブ前から会場の外では、ライブ会場ならではのCD販売やグッズ販売を求める長蛇の行列ができており、ファンの賑わいは、まるで地元のような雰囲気。

会場がオープンすると、ライブを今か今かと待つファンで一気に席が埋まっていき、超満員9000人の熱気に包まれる中、暗転と同時にSEが流れバンドメンバーが登場。

次第に大きくなる手拍子の中、ステージセンターに設けられた一本の道の先に悠然と立つ高橋優が現れると、会場のボルテージが一気に上がり、1曲目の「TOKYO DREAM」がスタート! イントロからエッジの効いたギターサウンドとプロジェクションマッピングで映し出されたリリックを引き連れるように、高橋優が全力で歌いあげる。

その勢いのまま、2曲目の「(Where’s)THE SILENT MAJORITY?」、3曲目の「太陽と花」とたたみ込み、最初のMCで、アルバムのタイトルであり、ツアーのタイトルにもなった“来し方行く末”について語った。

『このタイトルは、今まで歩いてきた道とこれから歩んでいく道のことを表わしているが、自分ひとりではなく、みんなと一緒に歩んできた道であり、これからも一緒に歩んで行きたい、そんな思いを込めてアルバムを作ったし、このツアーも回ってきました。そのこれからを一緒に歩んで行くためには、何が大切なんだろうと考えた時、行きついたのは“今”この時をみんなと一緒に最高な時間にすることなんだということです。だから大阪城ホールに集まってくれたみんなと今日ここで、今、最高の時間を作ろうじゃないですか!』。

そして最新アルバム『来し方行く末』に収録されている曲を続けて披露。「アイアンハート」、「拒む君の手を握る」「Cockroach」とアルバムの幅広さを感じさせる作品から、自身初の楽曲提供となった「象」のセルフカバーへと続き、会場を高橋ワールドへと引き込んだ。

メンバー紹介の後、今回のツアーでは本番前に各地の名産食べ比べをバンドメンバーとやってきたと振り返り、『ここ大阪では、豚まんとお好み焼きを用意してもらいました! なので、我々、今日は大阪名物をパワーの源に最後まで頑張ります!』と語りかけ、「君の背景」へ。

中盤ではこの季節にピッタリの「さくらのうた」なども披露。そして、ホームページでリクエストを募った“みなさんのターニングポイントとなった高橋優の来し方ソング”の上位に選ばれた楽曲を横浜アリーナ2公演、大阪城ホール1公演の計3公演、日替わりで披露するという特別企画では、「靴紐」と「駱駝」という懐かしい2曲を選んで届けた。

アニメ『orange』のオープニングテーマにも起用された「光の破片」では、ミラーボールが出現し、会場中を眩い光が包み、『最近、自分の身の回りで新しい命が誕生したという嬉しい知らせを聞くことが多くなり、“おめでとう”の代わりに自分なりに何かできないかと考えたら、その産まれた命が、やがて大きくなって、お父さんやお母さんに、こんなことを語りかけたらと幸せな未来を想像しながら書いた曲を次に歌います』と、16曲目「産まれた理由」を歌い始めると、ステージ上のスクリーンに新しい命の誕生とともに人生を歩む家族のアニメーションが映し出され、感動的な演出に温かい拍手が会場を包んだ。

ここで『大阪の皆さん、まだ元気の方は残っていますでしょうか!?』と高橋が煽り、コールアンドレスポンスで応える9000人とステージが一つになり、「BE RIGHT」、「パイオニア」、そして、アルバム『来し方行く末』の1曲目を飾った「Mr.Complex Man」とアッパーなロックナンバーを畳み掛け、会場のボルテージが一気に上昇。そして、ロングヒットとなっている「明日はきっといい日になる」では高橋からのメッセージ入りの銀色のテープが客席に放たれ、大合唱が巻き起こった。

すると、ステージセンター後ろの壁が開き始め、超巨大なまはげが登場! 高橋優のライブではおなじみの「泣ぐ子はいねが」がスタート! 高橋が『そっちに行くぞ大阪!』と客席を指さしステージから降り、アリーナの花道を歩きながら、サビではファンへマイクを向け、お馴染みの大合唱を煽り、会場後方のお立ち台からコールアンドレスポンスを楽しみ、会場を1周『思い余って、そっち行っちゃった』とおどけてみせた後、『ライブをやるまでは本当に楽しみなんだけど、終わった後がいつも寂しい気持ちになってしまって、でも、また会える時まで僕の想いが音楽となってみんなのそばに居つづけられますようにという願いを込めて書かせてもらった曲を歌います』と「BEAUTIFUL」を歌い上げ、本編ラストを飾った。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。