ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

100年の味、オムマキ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

4月14日放送の「朝の!さんぽ道」(テレビ東京系、午前07時35分~)では、「話題の「奥」が付く街さんぽ」で紹介で、藤田朋子さんが「デンキヤホール」(東京都台東区)を訪れた。

つくばエクスプレス浅草駅から徒歩8分の場所にある同店は、元々は電気屋だったが、当時戦争が始まった際に、男性がいなくても生きていけるようオープンしたという、創業100年を超える喫茶店。

店に入った藤田朋子さんは、オープン当時から扱っているという「オムマキ」を注文。目の前に運ばれてくると、まず「意外とでかいですね-」と驚きの声を上げた。このオムマキは、屋台の焼きそばを玉子で巻いたら美味しそう、初代が考案した料理。麺は地元の製麺所で作った二度蒸しした深蒸し麺。深蒸しする事によって、風味やコシが良くなり、味を長く保つことが出来るそうだ。
一口頂いた藤田さん、「うん、うん、うん!麺が柔らかくて、香りが口いっぱいに広がって。美味しい。あんなにいっぱい口の中に入れたのに、あっという間に無くなっちゃって」とコメント。

続いて出てきたのは「ゆであずき」。「小豆を茹でたほっこりしたものが出てくるのかと思った」という藤田さんがつぶやいた通り、予想に反して運ばれてきたのはドリンク。茹でた小豆に塩気を足した一品。
藤田さんはまずごくりと一口頂き、「あ、美味しい。しょっぱい。塩梅が良い」と感想を述べた後、続いてグラスの底に沈んでいる小豆の実の方を食し「うん、よく炊けてますね。いい感じです。もう皮なんてどこに行っちゃったという感じで、口の中で溶けています」とつぶやいた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:デンキヤホール(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:浅草のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:浅草×カフェ・スイーツのお店一覧
市場直送の新鮮な伊勢海老が味わえる割烹料理店
日高四元豚の黒酢ソース

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。