体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本屈指のスケーターがお台場に集結!「H.L.N.A CUP PREMIUM」

 

4月16日、お台場・ダイバーシティにあるH.L.N.Aスケートパークにて「H.L.N.A CUP PREMIUM」が行われ、日本屈指のスケーターが集結した。大会は「ルーティンクラス」「マニュアルクラス」「ステアー&ハンドレールクラス」に分かれ、それぞれ予選から熱い戦いが繰り広げられた。

 

日本トップクラスのスケーターが参戦するとの事でギャラリーも多数集結し、スケートパークに隣接している、日本初上陸のメキシカンタコスフード・レストラン”Wahoo’s Tacos&More”が提供する極上のタコスと(大人は)ビールを片手に客席も大きな盛り上がりを見せた。

 

ルーティンクラス

※渡辺ユウト ミニランプからの美しいオーリーシフティ・バックサイドグラブ

 

「ルーティンクラス」ではパーク全体を使ったトリックチョイスが重要となり、制限時間内にいかにノーミスで高度なトリックを出せるかが見所となった。

 

マニュアルボックスクラス

※テラウチ カエデ キックフリップtoバックサイドテールスライド

 

「マニュアルボックスクラス」では、マニュアル台として使うスケーターもいれば、カーブボックスとして使うスケーターもおり、テクニカルなライダーたちの見せ場となった。トリックに入る時は低いが、アウトする時は高くなっているのもH.L.N.Aパークのマニュアル台の特徴の一つで、よりストリートに近い設計とも言える。

 

MCの上田豪さんがしきりに「(マニュアルボックスクラスは見た感じ派手さがないので)スケーター以外にはシュールな画」とマイクで盛り上げていたのが印象的だった。

 

※MC・上田豪

 

ステアー&ハンドレール

※池田 ダイスケ ダブルトレフリップ(大会中は惜しくもメイクならず)

 

「ステアー&ハンドレールクラス」では、始まる前にMCの上田豪さんが客席に「もっと近くで!」と呼びかけ、この日集まったギャラリーは日本トップクラスのスケーターたちのトリックを間近で観戦することに!

 

迫力ある技の数々に拍手と歓声が沸き、ジャッジを務める二人のプロスケーターをもうならせた。

 

※ジャッジの二人(左から、村岡洋樹・荒畑145潤一)

 

マニュアルボックスクラス・結果

 

1位・ネツケ カイリ

2位・テラウチ カエデ

3位・ヨシオカ ケント

 

ステアー&ハンドレール・結果

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。