ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

NONA REEVES、“Billboard Era”の代表曲を集約したベストALリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
NONA REEVES、“Billboard Era”の代表曲を集約したベストALリリース

 NONA REEVESが<Billboard Records>からリリースした主要曲を集めた、ベスト・アルバム『Billboard Best 2011-2016』が6月14日にリリースされる。

 NONA REEVESは、2011年から2016年までの間に<Billboard Records>からオリジナル・アルバムを3枚、カバー・アルバムを3枚リリース。その期間にボーカル・西寺郷太は、楽曲提供やプロデュースに加え、マイケル・ジャクソン、ジョージ・マイケル、プリンスら“ポップ・ミュージックのスポークスマン”としても知名度を上げた。また、ギター・奥田健介、ドラム・小松シゲルもそれぞれプロデューサー、アレンジャー、セッション・ミュージシャンとして活動してきた。今回リリースされる『Billboard Best 2011-2016』には、“Billboard Era”における代表曲、「P-O-P-T-R-A-I-N」や「STEP BY STEP」、「Mr. Melody Maker」など全16曲が収録される。
 

◎リリース情報
『Billboard Best 2011-2016』
2017/06/14 RELEASE
HBRJ1026 2,650円(tax out)

<収録曲>
01.P-O-P-T-R-A-I-N
02.夢の恋人
03.STEP BY STEP
04.Mr. Melody Maker
05.LAST ROMANCE
06.I WANNA BE YOUR LOVER
07.ガガーリン
08.LUCKY GUY
09.HARMONY
10.SMOOTH CRIMINAL
11.Never Ever Let U Down
12.BAD BOYS
13.ブラックベリー・ジャム
14.高層ビル
15.休もう、ONCE MORE
16.KOKOMO

関連記事リンク(外部サイト)

NONA REEVES ベスト盤から新曲先行配信スタート、東名阪インストアイベントも決定
NONA REEVES 9月のビルボードライブ公演がCD化
NONA REEVES、新作アルバム『BLACKBERRY JAM』の詳細が明らかに ダイジェスト音源も公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。