ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

クリーン・バンディットxザラ・ラーソンが奏でる見事な“シンフォニー”(Song Review)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
クリーン・バンディットxザラ・ラーソンが奏でる見事な“シンフォニー”(Song Review)

 2016年10月にリリースしたシングル「ロッカバイ」が、米ビルボード・ソング・チャートで最高位8位を記録し、英国(UK)チャートはじめ、ヨーロッパの主要各国ではNo.1を獲得、代表曲「ラザー・ビー」(2014年)に次ぐ大ヒットを記録したばかりの、クリーン・バンディット。その「ロッカバイ」に続く2017年初のシングル、「シンフォニー」が3月17日にリリースされ、各国のチャートで急上昇中。英国チャートでは、早くも3位まで到達し、自身7曲目のTOP10入りを果たしている。

 この曲は、「ラッシュ・ライフ」(2015年)や、今年リリースされた「ソー・グッド feat.タイ・ダラー・サイン」などのヒットで知られる、スウェーデン出身の美女シンガー、ザラ・ラーソンをゲストに迎えた、クリーン・バンディットらしいクラシカル・ポップ・チューン。ミュージック・ビデオでは、オーケストラをバックに従え、ゴージャスなロングドレスで歌いあげるザラ・ラーソンがフィーチャーされている。

 一度聴いたら頭から離れないメロディ、ザラ・ラーソンのインパクト絶大なハイトーン、クリーン・バンディットらしいハウス・ビートの融合、まさに「シンフォニー」を奏でている。歌詞の内容も、2人の関係を音楽に例え、「あなたがいないとキーがわからなくなる」、「あなたのシンフォニーになりたい」などシンフォニーというテーマに直結したフレーズが飛ぶ。

 制作には、クリーン・バンディットの3人に加え、オリー・マーズやデミ・ロヴァートなどの人気シンガーを手掛けるイナ・ロードセン、現在11週の全米ソング・チャートNo.1を独走する、エド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」の制作を担当したスティーブ・マック、前曲「ロッカバイ」や、マルーン5の「ドント・ワナ・ノウfeat.ケンドリック・ラマー」などのヒットを手掛けたアマル・マリクが参加。

 「ラザー・ビー」が収録された2014年リリースのデビュー・アルバム『ニュー・アイズ』から3年、未だ2ndアルバムの発売情報は公開されていないが、ルイーザ・ジョンソンがヴォーカル・ゲストとして参加した「ティアーズ」、大ヒットが記憶に新しい「ロッカバイ」、そしてリリースされたばかりの新曲「シンフォニー」の3曲のシングルがリリースされているので、アルバムも間もなく発売されるのではないだろうか。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
「シンフォニーfeat.ザラ・ラーソン」
クリーン・バンディット
2017/3/17 RELEASE
https://itun.es/jp/ihjiib?i=1210094302

関連記事リンク(外部サイト)

クリーン・バンディットxショーン・ポールの魅力が見事に融合された、最先端のクラブ・ミュージック(Song Review)
ついにレゲエと融合!クリーン・バンディットが新曲でショーン・ポールらとコラボ
“世界で最もShazamされた”クリーン・バンディットが初来日公演

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。