ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

分娩中のイメージは「私はレーシングカー、ピットで整備中」。冷静すぎた? 2人目出産

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguedi:20170416154422j:plain f:id:akasuguedi:20170330212823p:plain

39週4日で2人目を出産しました。

臨月間際まで働き、産休に入ってからは長男の転園による準備や慣らし保育の付き添い、出産準備や片付けなど大忙し。

けれども、正期産という事もあり、いつ出てきても良いと思えると余裕でした。

ただ、1人目が「おしるし→前駆陣痛→夜中に陣痛→夕方に病院へ→自然分娩」だったので、同じ経過を辿りますようにと祈っていました。

破水から始まったらこうしようなど、イメトレは一応行い、準備もしながらでしたが、やはり一度経験したイメージ通りであってくれれば安心です。 関連記事:前日まで順調だったのに。夜中に突然の陣痛、上の子と2人きりでどうすれば…?!

出産前日の朝に少量の出血。幸い、健診の日だったので診察に行くと「おしるし」とのこと。

子宮口は1cm強開いているのでもう少しかな、と言われました。

夜中からお腹の張りが1分とか2分、5分おきに。すぐに痛みは消え、陣痛の痛みや1人目の時のような前駆陣痛の痛みよりも弱かったので、陣痛とは思いもしませんでした。

ただ、明らかに今までの張りより頻繁なので、朝になって病院へ連絡。その頃にはたまにぎゅーと痛い事も増えていました。

病院の看護師さんはすぐに病院へ向かうようにとのこと。しかし、慣らし保育中の繊細な長男をどうしてもいつも通りの段取りで園に行かせたかったので、実母に連絡して運転手役をお願いし、入院セットを車に積んで、いつもの時間に長男を起こして園へ連れて行きました。

その頃には痛みを少し我慢しなければならない状態に。

それでも「まだ我慢できるしなぁ、病院へ行ってまた帰宅とかになったら面倒だなぁ、でも家でこの痛みに一日中付き合うのも嫌だなぁ」と余裕な面持ちで、母が運転する車に揺られていました。

長男を園へ行かせた安堵からか、お腹の張りも緩やかな気がして、ますます、「陣痛じゃないんじゃないか」という気にもなりました。

しかし、病院について診察を受けると子宮口は6cm開いており、即入院!

病院に着いてから5時間後には分娩が始まり、子宮口全開でいきめる状態になってから30分で出産しました。

分娩中は助産師さん3名のテキパキした動きがよく見え、「声はいらないよ」「目は開けて」「足ふんわり」という声もよく聞こえました。

叫びたくなるのを抑えて鼻と口で呼吸していきみ、目を瞑りたくなるけれども何となくお腹付近を見て、足に力が入るのを「足ふんわりって何?!」と思いながら足の力を抜きました。

その時に何故か脳裏をよぎったのは、カーレースのピットイン。カーレースを見るわけではないのですが、何故か助産師さんたちがクルーでテキパキと整えてくれ、真ん中の私がレーシングカーで、エンジンを吹かしているイメージを持ちました。

皆さんのおかげで安産でしたが、後から助産師さんには「痛みに強すぎる」だの、「(陣痛始まっても)余裕で話してたけど、危ないですよ、もっと危機感持って」だの言われました。 関連記事:「明日もまたやりたい!」「あと10人生んでもいい」とにかく楽しかったお祭り騒ぎのお産レポート by 田房永子

経産婦さんは、いつもと違う張りが始まったな、続くなと思ったら、前駆陣痛とか等間隔とかを気にせず、迷わず病院へ連絡することをお勧めします。

著者:nskwa0

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

運動は苦手、筋力ゼロの私が出産。無事に産めて良かった〜! と思った翌朝…
予定日1ヶ月前だけど満月・大潮に影響された!? 駆け込んだ病院は出産ラッシュの大混乱!
痛みを受け入れたらお産が進んだ!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。