体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

みんなが笑顔に!認知症予防・対策の「脳トレ」5つをご紹介!

みなさまこんにちは。デイサービス職員、高力静です。

認知症の予防や対策として、「脳トレ」が効果的であると、テレビや雑誌等でよく取り上げられていますね。今回は、デイサービスでも行っている、脳トレ、頭の体操をご紹介いたします。ご家庭でもすぐにできるものばかりですので、ぜひお試しください。案外難しいですよ!

ウォーミングアップ:早口言葉


意外と難しく、頭を使うのが早口言葉です。「生麦生米生卵」や「隣の客はよく柿喰う客だ」といった定番のものから、「高速増殖炉 もんじゅ」といった舌が絡まりそうなものまで、うまく言えなくても笑顔になれる魔法の脳トレが早口言葉です。なかでも私が1番おすすめしたい早口言葉は、「この釘は、引き抜きにくい釘だ!」という早口言葉です。これを読んでくださっているみなさん、言ってみましたね?言えましたか?8割の方が、「ひき肉」にくい釘だ…とおっしゃってしまうのです。不思議なものですね。

ちなみに、私が勤めていますデイサービスでは、お食事前に「口腔体操」という、嚥下機能、飲み込みを良くする体操を行っていますが、口腔体操のひとつとしても、早口言葉は取り入れられています。

あるなしクイズ

クイズ番組などでご存知の方も多いかと思います。たとえば、「りんごにはあって、みかんにはない。トイレットペーパーにはあって、ティッシュにはない。なーんだ?」答えは「芯」です。

「ある」に分類されているものの、共通点を探すのです。あるなしクイズも、私はデイサービスでよく出題しています。余談ですが、以前デイサービスで私があるなしクイズを出題させていただいたとき、「所長にはあって、私にはありません。なーんだ?」という問題に対し、「お金!」、「脳みそ!」、最終的には「入れ歯?」という珍回答をみなさまよりいただきました。

穴あきクイズ

「あ○○る」のように、マルを平仮名一文字ずつでサンドイッチします。

マルの中に当てはまる言葉はなんでしょうか?答えはひとつではありません。「あいどる」「あいする」「あやまる」みなさまの発想次第でたくさん答えが出てくるのが、このクイズの良さでもあります。

出題する際には、最後の一文字を「る」や「く」など、50音表の「う」の段にすることがおすすめです。「さ○○る」「ま○○く」…準備なしですぐ出題できる、らくらく脳トレです。

いじわる問題、「10回言って」クイズ

続いて、ちょっといじわるな問題、「10回言ってクイズ」のご紹介です。

まず、出題する方は、「『みりん』って10回言ってみてね」と声をかけます。回答者が10回「みりん…」と言い終わったところですかさず、「鼻の長い動物は?」と問題を出します。すると、回答する方は、さっきまでみりんと言っていた名残で、ついつい鼻の長い動物は、「きりん!!」と自信満々に答えてしまうのです。※正解はゾウです。

1 2次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会