ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「恋する気持ち」が可視化されちゃう、驚きのアクセサリー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「恋する気持ち」が可視化されちゃう、驚きのアクセサリー

春は出会いの季節。新しい恋のチャンスが増えたという人もいるのでは?

そんな季節にぴったりの、ちょっと変わったアイテムがあります。見た目はイソギンチャクのようですが、これ、ただの前衛的なファッションなどではありません。

これは「恋する気持ち」を可視化してくれるウェアラブルデバイス「Ripple」。これを着けていると、なんとあなたに好意を持っている人が分かってしまうのだとか…。

恋する気持ちを
コンピュータが察知

「恋する気持ち」が可視化されちゃう、驚きのアクセサリー「恋する気持ち」が可視化されちゃう、驚きのアクセサリー

「Ripple」は、イギリスの大学生4人が開発したウェアラブルデバイス。

テクノロジーの発達は素晴らしいものの、その結果、現実世界で人と人との交流が少なくなることを危惧していたそう。

これを着けていると、コンピュータが周囲の自分への好意を察知して、恋の予感を可視化してくれるのです。

2つのカメラが
周囲の「反応」を分析

「恋する気持ち」が可視化されちゃう、驚きのアクセサリー

「Ripple」はコンピュータービジョンの技術を使用。搭載されている2つのカメラが周囲の人の視線や態度などを感知し、解析するそうです。

様々な状況での人々の反応データをもとに相手の行動を分類し、自分に魅力を感じているかどうかを判断します。

そして、自分に好意を持ってくれている人が現れると「Ripple」が背中に波のような動きを伝えて、教えてくれます。さらに、自分がその人のほうを向くと、胸を軽く叩いて知らせます。

もちろん、相手に話しかけてみるかどうかは、あなた次第。「恋する気持ち」が可視化されちゃう、驚きのアクセサリー

自分の気持ちも感知してくれ、お互いに好意を持っている人がいると、触手が動く仕組み。

つまり、恋が始まった印です。

「Ripple」があれば、相手の気持ちがわからずに悩むことはありません。また、自分でも自覚していない気持ちを可視化してくれるので、恋のチャンスを逃すこともなくなる…かも。

唯一の難点は、イソギンチャクのような見た目が奇抜すぎて、ちょっと恥ずかしいということ。まだ開発段階のコンセプトアクセサリーですが、もっとみんながストレートに恋愛に向き合えるきっかけになるのかもしれませんね。Licensed material used with permission by FEEL RIPPLE (Lyle Baumgarten, Maria Apud Bell, Jonathan Rankin and Huishan Ma)

関連記事リンク(外部サイト)

ジュエリー型ウェアラブルデバイス「ALTRUIS」が、実用的すぎて嫉妬する。
品切れ状態!指輪型ウェアラブルデバイス「RING ZERO」の実力とは?
ヘルスケアの最新ウェアラブル端末に必要なのは…息!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。