ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

大人気、割れた器が見事に修復! 御徒町で金継ぎ体験

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

大人気、割れた器が見事に修復! 御徒町で金継ぎ体験
J-WAVEで放送中の番組「SEASONS」(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「MITSUI FUDOSAN COME ACROSS TOKYO」。街に出かけたくなるような情報を紹介します。4月15日(土)のオンエアでは、天然の漆を使用した金継ぎ体験の模様をお届けしました。

金継ぎとは、割れた器を修復する日本の伝統技法です。今回は御徒町にある「はりよ 金継ぎ教室」にお邪魔しました。話を伺ったのは教室を運営している、株式会社播与漆行の箕浦和男さんです。

金継ぎキットを購入すると無料講習会を一回受けることができ、受講者は増えてきているそうです。金継ぎキットは年間で4000セットも売れるとか! はたして簡単にできるものなのかどうか気になりますが、「当社はすべて自然のもので作るため、接着に小麦粉を使ったり、ごはん粒を使ったりするので、早いもので3カ月から4カ月くらい時間が掛かります」と、箕浦さん。

「金継ぎ」 のはじまりは室町時代。盛んになったのは、江戸時代といわれています。「もったいない」という日本らしい意識や、器の値段にかかわらず、思い出を大切にしたいという思いから、長い歴史の中、ずっと受け継がれてきました。現在では若い世代や、海外の方にも人気です。

マリエが教室に持参したのは、ヒビが入っているけど捨てられない、思い入れのある器でした。完全に修復させるには数カ月かかるので、最初の工程を教えていただきました。まずはキットのなかにある、透漆(すきうるし)という透明度の高い漆をヒビに沿って塗っていきます。10分ほどしてから塗った漆を拭き取って乾かします。その工程を3回くらい行います。10分ほど待つのは浸透させるためだそうです。これを裏表やります。

次は、水と小麦粉と透漆を混ぜた「麦漆」を付けて押し込み、大きく欠けている部分にはごはん粒や漆を使って作る「こくそ」を、竹べらを使って埋めて修復していきます。マリエによると「この作業は難しい!」とのこと。さらに、漆を塗って拭き取る作業へと続いていきます。

今回の体験は、ほんの一部で、磨いたり金でお化粧をしていく工程もあるそうで、完成までは、数カ月掛かります。ただし、やり方さえ学べば、家でもできるようなので、気になる方はぜひチャレンジしてみてください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SEASONS」
放送日時:毎週土曜 12時−15時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。