ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

MediaTek Helio P20プロセッサの実力は? Xperia XA1で確認してみた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

昨年末から MedeiaTek のミッドレンジモデル向け新プロセッサ「Helio P20」を搭載したスマートフォンが出始めてきました。Helio P20 を搭載したスマートフォンは中国メーカーだけではなく、Sony Mobile などのグローバルメーカーでも発売されるなど、今年は多くのミッドレンジモデルに搭載されると予想されます。その Helio P20 の実力をいくつかのベンチマークアプリのテスト結果と共に紹介します。Helio P20(MT6757)は中 ~ 上位クラスのスマートフォンを対象にした 16nm プロセスのオクタコアプロセッサで、昨年に多くのミッドレンジモデルで使用された Helio P10 の後継モデルと位置づけられています。Helio P10 と比較すると、電力効率は 25% 改善しており、性能は 20% 向上していると言われています。。CPU は Helio P10 と同じく Cortex-A53 x8 ですが、最大クロックが 2.34GHz に引き上げられており、GPU は Mali-T880 にアップグレードしています。また、メモリインタフェースで 2X LPDDR4X 1600MHz(最大 6GB)をサポートしており、使用する RAM によっては予想以上の高い性能を期待できると言えます。Helio P20 の対抗となるのは Qualcom の Snapdragon 625 です。今回テストに使用したのは Xperia XA1 で、比較対象には Snapdragon 625 を搭載した ZTE Blade V8 Pro を使用しました。注意点としては解像度です。Xperia XA1 は HD 解像度ですが、Blade V8 Pro はフル HD なので、Antutu と GFX Bench では Xperia XA1 が若干有利になります。この部分を比較する際に考慮してください。■ AntutuXperia XA1
: 61,995 点Blade V8 Pro : 62,444 点■ GeekBench 4.1(シングルコア / マルチコア)Xperia XA1
: 883 点 / 3,752 点Blade V8 Pro : 871 点 / 3,106 点■ GFX Bench Car ChaseXperia XA1
: 447.7frames(7.6fps)Blade V8 Pro : 199.9frames(3.4fos)やはり、GFX Bench のテストでは解像度の違いがスコアに現れました。そのため、GFX Bench のスコアで GPU の性能は比較できません。Antutu についても端末間のスペック差が影響しているので単純に比較することはできません。今回のテストで比較できるのは GeekBench のスコアのみとなります。マルチコアテストで Xperia XA1 が Blade V8 Pro を大きく上回ったのは Helio P20 の最大 CPU クロック数が Snapdragon 625 よりも高いためだと考えられます。

■関連記事
Huawei、若年層をターゲットにした低価格モデル「Eojoy 7 Plus」を発表
ZenWatch 2で公式アップデートよりも先にAndroid Wear 2.0が利用可能に
Android版「WordPress」がv7.1にアップデート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。