体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

D-LITE from BIGBANG、初のソロドームツアー開幕

BIGBANGのメンバー・D-LITEが4月15日(土)、埼玉・メットライフドーム(旧:西武プリンスドーム)にて初のソロドームツアー『D-LITE JAPAN DOME TOUR 2017 ~D-Day~』をスタートさせ、ソロとして新たな一歩を刻んだ。
4月15日(土)@埼玉・メットライフドーム(旧:西武プリンスドーム) (okmusic UP's)
2013年の初ソロツアー『D-LITE D’scover Tour 2013 in Japan ~DLive~』より、2014年『D-LITE DLive 2014 in Japan ~D’slove~』、2015年『Encore!! 3D Tour [D-LITE DLive D’slove]』と10万人以上の規模でのソロツアーを成功させてきたD-LITE。4月12日(水)発売、オリコンデイリーCDアルバムランキング(4月11日付)初登場1位を獲得したニューミニアルバム『D-Day』を引っさげての今ツアーは、『Encore!! 3D Tour [D-LITE DLive D’slove]』以来約2年2ケ月ぶりのソロステージ。

ソロ活動の集大成とも言えるこのメモリアルなドームでのパフォーマンスは、最新作から「D-Day」はもちろん、代表曲「WINGS」・「ナルバキスン (Look at me, Gwisun)」など、約3時間に渡りそのたぐいまれな歌唱力とユーモアたっぷりのMCで観客を魅了。今回のツアーもD-LITE自身がトータルプロデュースを手掛け、彼のハートウォーミングな人柄同様に、会場には笑顔があふれ終始幸せであたたかな空気感で包みこまれたライブとなった。全2都市4公演のこのドームツアー『D-LITE JAPAN DOME TOUR 2017 ~D-Day~』は、4月16日(日)のメットライフドーム(旧:西武プリンスドーム)公演2日目へと続き、4月22日(土)・23日(日)京セラドーム大阪公演でファイナルを迎える予定だ。

韓国で『大切な日』・『大事な日』という意味で使用される単語、“D-Day”と冠されたニューミニアルバムは、D-LITE自身がトータルプロデュース、楽曲提供に秦 基博[M-2「D-Day」]・水野良樹(いきものがかり)[M-3「VENUS」]・絢香[M-4「The sign」]]という日本を代表するアーティストを、そしてサウンドプロデュースに亀田誠治を迎え制作された珠玉の全7曲を収録。DVDには「D-Day」MUSIC VIDEO・メイキング映像のほか、これまでのソロ曲MUSIC VIDEO全7作を収録。そして2016年夏に行われた大阪・ヤンマースタジアム長居でのBIGBANG10周年記念スタジアムライブより、7月30日公演のD-LITEソロパートを初商品化。さらにこれまでのソロツアーより選りすぐりのLIVE映像もコンパイルしたトータル100分の豪華内容となっている。

BIGBANGとしては、5月よりスペシャルファンイベント『BIGBANG SPECIAL EVENT 2017』の開催が決定している。この『BIGBANG SPECIAL EVENT 2017』は、5月27日(土) 福岡 ヤフオク!ドーム、5月30日(火) ・31日(水) 東京ドーム、6月3日(土) ・4日(日) 京セラドーム大阪の全3都市5公演のドームツアーで、まさに異例の規模でのスペシャルイベント。メンバー4人とのトークセッションやゲームコーナーなどメンバーの素顔が垣間みられるものから、日本版フルアルバム『MADE』リリース後初となるライブパフォーマンスまで約2時間に及ぶ充実した内容になる模様だ。

■『D-LITE JAPAN DOME TOUR 2017 ~D-Day~』スペシャルサイト

http://ygex.jp/bigbang/d-lite2017tour/tour/

■ミニアルバム『D-Day』スペシャルサイト

http://ygex.jp/bigbang/d-lite2017tour/dday/

『D-LITE JAPAN DOME TOUR 2017 ~D-Day~』
4月15日(土) メットライフドーム

4月16日(日) メットライフドー

4月22日(土) 京セラドーム大阪

4月23日(日) 京セラドーム大阪

<チケット料金>

席種:全席指定¥10,800(税込)

年齢制限:3歳以上よりチケット必要 3歳未満は入場不可

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。