体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アムステルダム旅行に行くなら知っておきたい、お得な4枚のカード比較

メリットいろいろ!アムステルダム旅行にお得な4枚のカード比較
オランダの首都アムステルダムは、様々な観光名所のあるエキサイティングな場所。そんなアムステルダムには、滞在中に効率よく、しかもお得に観光を楽しむための心強い味方であるカードがたくさん存在します。今回は、その中でも4種類のカードをご紹介したいと思います。

アムステルダムの短期滞在におすすめ!「I amsterdam City Card」

メリットいろいろ!アムステルダム旅行にお得な4枚のカード比較
「I amsterdam」は、2004年からアムステルダム市が採用している観光PRコピー。スキポール空港など主要な観光名所にオブジェとしても設置されています。そんなコピーを名に持つ「I amsterdam City Card」 (アイ・アムステルダム・シティカード)は、アムステルダムとその近郊の街を効率よく観光するのにおすすめのカードです。

【何ができるの?】
・アムステルダム市内のGVB交通機関(バス、トラム、メトロ)に乗り放題。
(ただし電車は含まないので、スキポール空港からアムステルダム中央駅に向かうときは使えません)
・美術館の入場料が無料になったり割引になるサービスが
(国立美術館は2.5ユーロの割引、ゴッホ美術館は無料。その他近郊の街の美術館にも入館OK)
・Artis動物園の入場料無料
・1時間の運河クルーズが無料
・様々なお店での25%割引サービスを受けられる
など

【いくらするの?】
「I amsterdam City Card」は、最初に使ったときからカウントする有効時間ごとに値段が変わります(購入時ではなく、使い始めた時からカウントされます)。

24時間有効:57ユーロ
48時間有効:67ユーロ
72時間有効:77ユーロ
96時間有効:87ユーロ

アムステルダムに滞在する日数によって選べるので、助かりますね。

【どこで買えるの?】
アムステルダムに到着してから、現地のツーリストオフィス(VVV)などで直接購入できます。他にも、「I amsterdam City Card」のホームページから事前購入もできます。DHLで自宅まで送付してくれるサービスもありますが、送料は自己負担なので現地での受け取りがおすすめです。メールで送付されてくる購入控えを提示すれば、スキポール空港やアムステルダム中央駅などでも受け取りができます(本人の受け取りのみ有効)。

詳細は、下記の公式HPで確認できます。

[I amsterdam City Card]

オランダ全体を長く楽しめる「Holland Pass」

メリットいろいろ!アムステルダム旅行にお得な4枚のカード比較
「I amsterdam City Card」はアムステルダムとその近郊に特化したカードでしたが、こちらの「Holland Pass」(オランダパス)は、オランダ全土で使うことができます。しかも有効期限は、使い始めから1か月! いったいどんなカードなのでしょうか。

【何ができるの?】
このカードの特徴は、旅の内容によってカードの機能を選べること。美術館や主要な観光地を「ゴールド(G)」、「シルバー(S)」に分けていて、それぞれに何回入場できるかによってカードの種類を選べるのです。

・「スモール」:G×1回、S×2回
・「ミディアム」:G×2回、S×2回
・「ラージ」:G×3回、S×3回
(それぞれにガイドブックと割引券1枚つき)

上記3種類に分かれています。そして「シルバー」の機能は、アムステルダムでのGVB交通機関(バス・トラム・メトロ)の24時間有効チケットと交換することもできるのだとか。
その他、オプションでスキポール空港とアムステルダム中央駅間の電車のチケットも追加購入できます。

【いくらするの?】
「スモール」:40ユーロ
「ミディアム」:50ユーロ
「ラージ」:75ユーロ
※スキポール空港とアムステルダム中央駅間の電車のチケット:片道4.20ユーロ

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。