ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Home sweet home2 ~住宅の資金計画1 -feles10-

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今回は資金のお話。晧のひらき

ここからしばらくは「わたしのマイホーム教室」から得たことが主体となります。

セミナー自体が「注文住宅=唯一無二の家を作る」ことが主目的。この頃から私はぼんやりとだが、「猫と暮らす家を作る」ことを意識していた。「自分の住宅を一から建てる」ということが焦点となるため、今まで受講していた、どちらかというと投資に偏った考え方とはギャップが出てくる。ギャップを埋めるにも、まずは知らないといけない、自分で建てるにしろ投資にしろ資金計画は大事なこと。ここをクリアしないと家は建たないのだ。

■坪単価

坪単価はピンキリの世界。土地の上に藁の家を建てるのと石の家を建てるのは坪に換算した金額が全然違うというお話。ざっくり分けて4タイプの価格帯があり、ローコスト住宅<木造住宅<鉄骨ハウス<高級路線の順。材料&技術に加え、実は大手の場合は広告費なんかもここに加算される。住宅展示場などで、色々な物をばんばんくれるお金はどこから出ているのか?会社の規模が大きければ、人件費などもここに加算されていく。一方で「ブランド」という魅力もある。
良いものはそれなりの値段がするし、安いものにはそれ相応の理由がある。どんなものを買っても、大金が出ていくことには変わりない。長く、安心して暮らすには何を選択するのか、という点が重要視されるところ。値段の理由を把握してから予算建てしないと、希望と建てたものにギャップが出てしまい、そのギャップは建てた後の不満として、取り返しがつかなくなってしまう。

■建築時期の把握~不動産にまつわる5という数字

「住宅を建てる」ということは人生において一大イベント。建てるにも時期がある。ライフプランとして住宅ローンが組める年齢(一般的には50歳まで。ローンは80歳がエンド)までに何とかしないと、ローンも通らなくなってしまう。また、ローンの金額も5000万以上になると普通の会社員にはなかなか通らない。土地の値段も駅から5分以内はいわゆる「駅前」といわれる最高の立地で、高い上に入手が難しい。消費税が5%→8%になる時期は非常に家が売れたという。今も10%値上がり目前(延期されました)で、家を購入する人が急増中。
こんな感じで、なにか不動産関係で目安となる数字は5が多い。自分に当てはめてみると、土地問題はともかく、他がかなり厳しい。住宅ローンは長く借りた方が有利なので、そういった観点からセミナーでは「決めるなら早い方がいい」とアドバイスされてしまう。

■適正予算の立て方

適正予算はローンの借入金額+自己資金。借入金額=ローン。
○借入額=月々の返済+ボーナス返済
返済年数、金利、収入基準、完済年数、融資条件も考慮する
※支払いが実際できる金額か?が大きなポイント
○自己資金=手持ちの金額。これに援助資金や助成金がある場合は加算される。
よくマンションの売り込み等では「月々家賃を払うなら家が買えますよ」的に口説かれることが多い。
しかし予算としては「年間でいくら払うのか」の把握が大切。必ず出ていく大金なので、家計の年度予算として考えないと危険を伴う。ボーナスをローン支払いに当て込む方法は一般的だが、ボーナス額は確定しているわけではないので、平準化した考えの方が現実的だと私は思う。また、自己資金=現金は出来るだけとっておいた方が良い(生活あるし!)。援助資金も得られるなら頑張った方がいいし(これは本等でも結構推奨されている)、助成金もあるなら、必死にゲットした方が良い(私はありませんでした)

当たり前だが、家を買うということはとにかく大金が動く。資金計画をしているだけで魂が抜けそうにもなるが、その分、金額に見合う物件でないと納得もいかないだろう。資金にまつわるお話はまだ続きます。

——————-
4月2週目現在

杭工事完了。がっちり土台を作りこんでいます。(判るように↓してみたものの、イマイチ)
いつか書きますが、felesは土台を重視しています。猫飼いが安心して暮らせる家を建てたいのです。

felesから駅に向かう時は桜並木のある荒川を渡ります。この景色は毎年の楽しみです。
——–

「No cats no life」

猫成分補完の (勝手に)新コーナー。せっかく「猫と暮らす家」を作っていることですし、猫と暮らす楽しさをお伝えできればいいなと思ってます。

仮暮らし中の好の定位置。感触の良さに感動しカインズホームで衝動買いしたマシュマロ・クッションは2年くらい使ってもらえず、仕方なく私が使っていた(猫用)。ようやく好に愛用してもらっているが、なんか同化してしまい写真が撮りにくい。(そして好はカメラ嫌い

基本起きている時は私にべったり。寝る時も一緒にいてくれたのに、最近は成長してしまったのか、眠くなると勝手に別室のベッドで眠るように。かーさん、ちょっと寂しい。

 

著者:飯田香

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
にゃんこマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。