体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「世界一美しいスタバ」も近所!立山一望の富山県美術館が楽しすぎる

京都までのルートが決まり、いよいよ全線開通に向けて一歩を踏み出した北陸新幹線。2015年の開業から既に2年が経過し、沿線の富山も着実に発展を遂げています。

「世界一美しいスタバ」も近所!立山一望の富山県美術館が楽しすぎる
その富山駅近くに誕生した新名所が富山県美術館。2017年8月26日の本格開館に先駆けて、先の3月25日に一部開放されました。

富山県に暮らす筆者が早速足を運んでみましたので、富山の新しい観光拠点にもなる、楽しすぎる富山県美術館を紹介したいと思います。

「世界一美しいスタバ」も近所!立山一望の富山県美術館が楽しすぎる

金沢21世紀美術館以上!?

「世界一美しいスタバ」も近所!立山一望の富山県美術館が楽しすぎる
そもそも富山市は金沢市と違って、街の中心部に観光客を楽しませる場所が少ないという弱点が指摘されていました。

主要な観光地は立山黒部アルペンルートだったり、トロッコの黒部峡谷鉄道だったり、世界遺産の五箇山合掌造りだったり、氷見漁港のグルメだったり。

全てが県庁所在地である富山市から、遠い場所にあるのですね。

「世界一美しいスタバ」も近所!立山一望の富山県美術館が楽しすぎる
その富山市の弱点を大きく補う可能性も秘めた場所が、まさに富山県美術館になります。

お隣の石川県では金沢21世紀美術館が絶好調で、2015年は年間で237万2821人もの人を集めています。その日本を代表する美の拠点に勝るとも劣らない新名所が、同美術館になるのですね。

世界一美しいスタバの近所にできた美術館

「世界一美しいスタバ」も近所!立山一望の富山県美術館が楽しすぎる
富山県美術館の魅力はまず立地。北陸新幹線の富山駅北口から徒歩でも移動できる場所に、環水公園という美しい水辺の公園があります。

“世界一美しいスタバ”として有名なコンセプトストア、スターバックス環水公園店がある場所ですね。過去記事「月に32回通うマニアが教える!「世界一美しいスタバ」富山環水公園店の魅力」でも紹介しました。

緩やかな芝生の傾斜地に囲まれた公園の中央には、遊覧船やカヌー、水鳥が自由に水面をシェアできる広い船だまりがあります。

その船だまりは海へと続く運河に向けて、途中でL字のように大きく向きを変えているのですが、その水路の導線を丸ごと受け止めるような場所に、富山県美術館は建っています。

「世界一美しいスタバ」も近所!立山一望の富山県美術館が楽しすぎる
設計を担当した内藤廣さんも、環水公園を前庭にするような感覚で設計したのだとか。

公園に面した建物の一面を丸ごと直線に切り落とし、全面ガラス張りのデザインにしています。館内からは環水公園はもちろん、その向こう側にそびえる立山連峰の山並みまで、大パノラマで楽しめるデザインになっています。

「世界一美しいスタバ」も近所!立山一望の富山県美術館が楽しすぎる
富山県の西部には雨晴(あまはらし)と言って、富山湾越しに3,000m級の立山連峰を眺められる、世界的にもまれな景観を楽しめるスポットがあります。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。