ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

まるでレースみたい♡ウッドバーニングで繊細な絵柄を描いたテーブルが美しい

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

portrhombus日々の生活の中に潤いを与えてくれるインテリア。

木のぬくもりを感じながら、毎日を過ごしたい…。

そんな方におすすめのウッドバーニング・テーブルを紹介します。

デザイン・ユニットの夫妻が制作☆

天板の上に描かれた模様が印象的なテーブルを作っているのは、プロダクトデザイナーのMattさんとMixさん夫妻。
2人はデザイン・ユニット「Port Rhombus」として、Etsyで作品を販売しています。

木材を焦がして描く技法

思わず見入ってしまう繊細で美しい装飾。

一見、彫刻を施されたように見えますが、ウッドバーニングという技法で描かれているのです。
ウッドバーニングとはハンダゴテや専用の電熱ペンを使って、木材を焦がして絵や模様を描く技法のこと。

まるでレースのように精巧な図柄がステキです♡

天板はグレードAのウォールナット製♪

木の風合いを活かした天板は、グレードAのウォールナットを使っているのだそう。
天板の表面が滑らかなのは、天然のチークオイルを使ってじっくりと磨いているから。

天然のオイルが木材に深く浸透することで、変色が起こりにくくなり長く使えるのだとか。
長方形のコーヒーテーブル(幅90cm✕深さ45cm✕高さ40.5cm)の値段は280ドル(約3万円)、円形のサイドテーブルは(幅45.5cm✕高さ53.5cm)は180ドル(約2万円)となっています。

もちろん日本への発送も可能。
彼らの作品が気になった方は、ぜひチェックしてくださいね♪

Etsy (portrhombus)
https://www.etsy.com/jp/shop/portrhombus?ref=profile_shopicon

インテリア(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。