ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ますます注目!カップルや大人を魅了する「グランピング」5選【全国】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
FBI AWAJI テント

最近注目のアウトドアステイといえば「グランピング」。グラマラス(=贅沢)とキャンピングという2つの言葉を合わせた造語です。その魅力は、大自然の中、ホテルのような快適さやサービスを体験できること!大人向けの新たなリゾートとしても話題で、ますます注目されています。

そこで、今回は夫婦やカップルでゆったりと過ごせるスポットを全国からご紹介します。ぜひ、次の旅行の参考にして下さいね!

記事配信:じゃらんニュース

1.THE FARM CAMP【千葉県香取市】

都心から近い温泉のある農園リゾート。

THE FARM CAMP リバーサイドエリア

最近のアウトドアは進化中!/「THE FARM CAMP」のリバーサイドエリア。16棟のテントが水辺にゆったり配されるTHE FARM CAMP テント

夕暮れ時の雰囲気は抜群。朝晩が冷える時期はファンヒーターも用意され、いたれりつくせり

2017年のオープン期間:3月24日~11月30日

都心から車で約90分、森に囲まれた農園リゾート内に設けられたグランピング施設。ウッドデッキには北欧ノルディック社のテントが設置され、朝は大自然を眺めながらコーヒーを楽しみ、夜はハンモックに揺られながら夜空に広がる星を観賞する贅沢な時間を味わえる。リゾートエリア内には温泉施設やレストランがあり、農園での収穫体験も可能だ。バーベキューでは1ポンドのステーキや、ここの農園で採れた新鮮な野菜が味わえる。リバーサイド16棟のほか、1日1組限定のフォレストエリアにも注目。THE FARM CAMP かりんの湯

北総地区では珍しい天然温泉の日帰り温泉施設「かりんの湯」THE FARM CAMP 大露天風呂

広々とした大露天風呂でゆったり THE FARM CAMP(ザ ファーム キャンプ)

TEL/0478-79-0666

住所/千葉県香取市西田部738

料金/1泊2食1万4364円~

アクセス/東関東道大栄ICより20分、東総道路助沢ICより15分(千葉交通バス栗源駅より送迎あり)

「THE FARM CAMP」の詳細はこちら

2.FBI AWAJI【兵庫県洲本市】

ゲストが思い思いのスタイルで過ごせる。

FBI AWAJI テント

瀬戸内海を望む抜群のロケーション/ベルギー製のコットンテント。厚みのある風合が自然に溶け込む。大きく取った開口部から入る風や生地を通して感じる光が、時間の流れを伝えるFBI AWAJI テント内

ダブルベッドが2台入り、2カップルでも利用できるFBI AWAJI

広々したタープの下にダイニングセットがあり、快適FBI AWAJI

北欧風のキュートなキャビン。ベランダにはバーベキューグリル付きFBI AWAJI

水平線を一望するキャビンからの眺め。インテリアもスタイリッシュFBI AWAJI バーベキューセット

淡路島の食材をふんだんに使ったバーベキューセットをオーダーできる(注文は4名から。3000円~/人、2日前までに予約)

2017年のオープン期間(予定):5・6・10月の毎週木、7~9月の毎日

淡路島の瀬戸内海沿いの静かなビーチにある人気キャンプ場。約2000坪の敷地内には、ゲストが集うカフェバーを中心に、北欧スタイルやアジアンエスニックなキャビン、スウェーデンから輸入した円すい型テントのティピ、ベッドとリビングセットを完備するホテルライクな常設テントなどが配される。ゲストのニーズによって好みのグランピングスタイルが選べるのが嬉しい。海のブルーに抱かれて昼はバーベキューや海水浴、夜はバーでゆったりと。全エリアたき火OKで、淡路の自然を自由なスタイルで体感できる。 FBI AWAJI(エフビーアイ アワジ)

TEL/0799-34-0900

住所/兵庫県洲本市五色町鳥飼浦2359

料金/常設テント1棟あたり1泊素泊まり2万3000円~(寝具・BBQコンロ等別)

アクセス/神戸淡路鳴門道北淡ICより30分

「FBI AWAJI」の詳細はこちら

3.ナンマムイ ネイチャーリゾート【沖縄県名護市】

森と海と風を感じ、自然と一体になる。

ナンマムイネイチャーリゾート ウッドデッキ

穏やかな波音が心と体を癒やす/海を一望するウッドデッキにはチェアやハンモックも。自然豊かな沖縄の原風景に触れられるナンマムイネイチャーリゾート テント

天井が高く、扇風機やミニ冷蔵庫も完備した専用テントナンマムイネイチャーリゾート 食事

食事はバーベキューのほか、ホテル内レストランなどさまざまな食事プランが選べるナンマムイネイチャーリゾート シャワールーム

ヒノキで作られたシャワールームとトイレも併設ナンマムイネイチャーリゾート シーカヤック

夕暮れの静かな海を足こぎのシーカヤックでゆったり。ガイド付きツアーで楽しめるナンマムイネイチャーリゾート 風景

オーシャンフロントの森に囲まれた自然豊かな立地。海に沈む夕日を心行くまで独り占めしたい

2017年のオープン期間:通年営業

屋我地島の羽地内海に面した小高い丘に建つリゾートホテルに、1日8組限定のグランピング施設が完成。約3000坪の森に溶け込むように設けられた8棟のデッキには、ベッドと冷蔵庫のあるテントと、シャワールームが備えられ、自然をより身近に感じながら滞在できる。プライベートビーチの利用はもちろん、シーカヤック、サップ、サイクリング、釣りなど大人の冒険心を満たしてくれる多彩なアクティビティが目白押し。豊かな自然を存分に満喫したい。 ナンマムイ ネイチャーリゾート

TEL/0980-52-8686

住所/沖縄県名護市よへな720

料金/1泊素泊まり1万5120円~(夕食バーベキューは+3000円~)

アクセス/沖縄道許田ICより40分

「ナンマムイ ネイチャーリゾート」の詳細はこちら

4.MEMU EARTH HOTEL【北海道大樹町】

1日限定5組だけのアウトドアステイ。

メムアースホテル

まさに大草原の小さな家!/広大な敷地内の移動は専用カートでメムアースホテル

周囲の明かりに邪魔されることのない立地メムアースホテル

特別仕様のペア専用テントにはシモンズ社製のキングサイズベッドやこだわりのインテリアで寛げるメムアースホテル

十勝産の食材を活かした料理をゲスト自らが仕上げるスタイル

2017年のオープン期間:夏予定。詳細問合せ

「地球に泊まり 風土を味わう」をコンセプトに、北海道南十勝の自然を体感できる施設。5万6000坪の広大な牧草地には、4棟のグランピングテント、著名建築家が手掛けたレセプションスペースや実験住宅が点在。これらを利用したプランのほか、「天井のないホテル」という星空を眺めることをテーマにしたプランも。食事はスタッフと協力して作る本格的なアウトドアディナー。草原に用意された「焚火bar」はアルコールを含む飲み物もフリー(一部有料)で、満天の星に包まれてお酒を飲む贅沢を味わえる。 MEMU EARTH HOTEL(メム アース ホテル)

TEL/0558-36-4670

住所/北海道広尾郡大樹町芽武158-1

料金/1泊2食3万2400円~

アクセス/とかち帯広空港より50分

「MEMU EARTH HOTEL」の詳細はこちら

5.初島アイランドリゾート【静岡県熱海市】

都心に一番近い離島でスローな島時間を。

初島アイランドリゾート トレーラーヴィラ

トレーラーハウスに泊まれる!/全8棟のトレーラーヴィラがゆったり配される初島アイランドリゾート トレーラー

トレーラーは冷暖房完備、シャワー、トイレ、ガスキッチン、炊飯器、電子レンジ、食器などが一通り揃う初島アイランドリゾート 室内

奥のベッドルームには最大6名宿泊可能初島アイランドリゾート 露天風呂

海絶景の露天風呂も隣接初島アイランドリゾート

アジアンリゾート風のガーデンカフェエリア。レストランで島の食も楽しめる

2017年のオープン期間:通年営業

熱海港から定期船に乗って約30分、南国の雰囲気溢れる初島で、日本では珍しいトレーラーヴィラに滞在するグランピングを体験できる。1区画あたり200平方メートル以上という贅沢な敷地に、トレーラーハウスと専用ウッドデッキ、ハンモックチェアやバーベキューグリルを備え、他のゲストを気にすることなくプライベートな時間を過ごせる。夕食には相模湾の海の幸が豊富なシーフードバーベキューを。バーベキューの食材や朝食はスタッフがトレーラーまで運んできてくれるので、あとは焼くだけという手軽さがうれしい。 初島アイランドリゾート

TEL/0555-30-4580(PICA予約センター)

住所/静岡県熱海市初島

料金/1泊2食1万3400円~

アクセス/電車:JR熱海駅よりバスで熱海港へ。高速船にて30分 車:東名厚木ICより1時間、熱海港より高速船にて30分

「初島アイランドリゾート」の詳細はこちら

※特に表記のない場合は、大人2名利用時の1名あたりの料金(税・サ込み)です

※この記事は2017年2月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

2017年GWイベント情報満載!4月・5月に開催の注目イベント【関東近郊】
「おしゃピク」の次に来るのは「おしゃれBBQ」!千葉で海×空×お花畑のロケーションを楽しもう
あんこ、ドーナッツ、コーヒー…専門店の絶品ソフトクリームが注目すぎる【東京】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。