ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Galaxy Cシリーズの新モデル「SM-C9008」「SM-C7018」「SM-C5018」が中国で認証を取得

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Samsung は、スペック的に Galaxy S シリーズに次ぐグレードとなる「Galaxy C」の 2017 年モデルを開発している模様です。それと見られる 3 機種の型番が中国 工信部の認証を取得しました。新たに発見されたのは、「SM-C9008」「SM-C7018」「SM-C5018」の 3 機種で、いずれも型番末尾が「8」で終わっています。こういった型番の付け方は「Galaxy Tab S2」の 2016 年モデルでも行われたので、今回の 3 機種は Galaxy C 2016 年モデルの後継ではなく、改良版といった機種になると考えられます。いずれも筐体のデザインは Galaxy C 2016 年モデルから変化しておらず、内部スペックが強化されているに留まっています。SM-C9008 は Galaxy C9 の新板で、6 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルのディスプレイ、1.95GHz x4 + 1.4GHz x4 のオクタコアプロセッサ、6GB RAM、64GB / 128GB ROM を搭載しています。SM-C7018 は Galaxy C7 の新板で、5.7 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルのディスプレイ、2.2GHz 駆動のオクタコアプロセッサ、4GB RAM、32GB / 64GB / 128GB ROM を搭載しています。SM-C5018 は Galaxy C5 の新板で、5.2 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルのディスプレイ、2.2GHz 駆動のオクタコアプロセッサ、4GB RAM、32GB / 64GB / 128GB ROM を搭載しています。Source : TENAA(SM-C9008)(SM-C7018)(SM-C5018

■関連記事
Android Tips : FlipboardのWEBサイト版をネイティブアプリのように利用する方法
HP ElitebookブランドのAndroid / Remix OSノートPCのプロトタイムが発見される
HMD Global、Nokia 6のAndroid 7.1.1アップデートを開始、3GとLTEのDSDSに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。