体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

嗅覚の低下が死亡率を高める!? においと健康の大切な関係【耳鼻科医解説】

嗅覚の低下が死亡率を高める!? においと健康の大切な関係【耳鼻科医解説】
2017年3月22日(水)、スウェーデンで行われた嗅覚の最新研究によって、嗅覚の低下と健康リスクの関係性について発表されました。(参考)

普段あまり意識することのない嗅覚かもしれませんが、出来たら、若いうちから嗅覚が衰えないように「においを意識した生活」をおくりたいものですね。

今回は「嗅覚」について、最新研究結果をもとに、老化した場合のリスクや予防法などを耳鼻咽喉科の岡田先生に詳しく解説していただきました。

スウェーデンで行われた嗅覚の最新研究

嗅覚の低下が死亡率を高める!? においと健康の大切な関係【耳鼻科医解説】

研究内容

2017年3月22日(水)、スウェーデンのストックホルム大学で40代から90代を対象に、10年にわたって行われた嗅覚に関する研究が発表されました。

対象者は1800人弱にも及び、嗅覚の低下と死の危険性の関連性について述べられております。

研究結果

観察期間の10年間で全体の23%が死亡し、嗅覚が正常な人は、嗅覚の低下がみられた人よりも死亡率が8%も低かったことが示されました。

また逆に、嗅覚の低下がみられた人は、嗅覚が正常な方よりも19%も死の危険性が高かったことが示されました。

長谷川先生の考察

スウェーデンで行われた研究の他にも、嗅覚が低下した人の5年後の死亡率は高かった、死の危険性は3倍上がる、など嗅覚の低下と健康のリスクに関連した報告がみられています。

今後、嗅覚というものが重要な生命のマーカーとして注目されていく可能性があるかもしれません。

《参照》

・Eurek Alert

・PubMed

嗅覚が老化する原因

嗅覚の低下が死亡率を高める!? においと健康の大切な関係【耳鼻科医解説】

加齢

30歳前後をピークに嗅覚は少しずつ衰えていきます。他の感覚器に比べると、遅いですが、70~80歳には嗅覚の低下を自覚する方が多いです。

鼻炎、副鼻腔炎

鼻炎や副鼻腔炎などによって鼻がつまり、においの刺激がにおいの感覚細胞に届かないと機能が落ちるのが早くなります。

すぐに機能が悪くなるわけではありませんが、何十年もかけてにおいの刺激が届かないことによります。

たばこ、人工的な強い香り

脳にとっては不快な香りのため、情報をブロックしてしまいます。

また、嗅覚細胞の障害を早める可能性があります。

ストレスや疲れ

20~30日で新生と細胞死を繰り返している嗅覚細胞ですが、疲れやストレスが多いと正常なサイクルを保てなくなります。

嗅覚が老化した場合の健康リスク

アルツハイマー病

嗅覚の低下が死亡率を高める!? においと健康の大切な関係【耳鼻科医解説】
60歳以上の方に多い、物忘れの症状から始まる認知機能の低下を主体として病気です。初期症状として、においの低下が指摘されています。

パーキンソン病

嗅覚の低下が死亡率を高める!? においと健康の大切な関係【耳鼻科医解説】
50歳以上の方に多い、手足の震え、筋肉のこわばり、歩きづらくなるなどの症状が主体です。

アルツハイマー病と同じく、初期症状としてにおいの低下が起こりうる場合があります。

食事の味が感じにくくなる

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。