ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

監視カメラはアプリを使えばで無料で設置できる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
監視カメラはアプリを使えばで無料で設置できる

自宅の防犯対策に監視カメラを設置したいけど、どうしてもお金がかかってしまいます。そんなときは、使わなくなったスマホを監視カメラにしましょう。現在使用しているスマホにも監視カメラアプリをインストールすると、無料で防犯システムが構築できるのです。詳しく見ていきましょう。

監視カメラアプリで証拠を押さえる

無料で監視カメラシステムを構築するには、設置場所にWi-Fi(無線LAN)があればOK。大容量のモバイルバッテリーで給電すれば配線を気にすることないため、監視カメラの場所を選びません。

しかもスマホなら、専用の監視カメラよりも周囲に溶け込みやすく、ターゲットに気づかれにくいのもポイントです。上から見下ろせる本棚や冷蔵庫の上へ設置しましょう。照明の影も盲点です。

「あんしん監視カメラ」は、自宅付近に不審者が出没する、クルマにいたずらされるなど、証拠押さえ用に便利なアプリ。App Storeで入手可能です。スマホで撮影をスタートすると、5秒ごとの静止画像をクラウドにアップロードします。

監視カメラ映像をブラウザで表示

監視カメラの閲覧は、インターネット経由でPCやタブレットから可能。自動更新が
ONだと、5秒ごとの画像がクラウドに保存されます。監視カメラ側で不審音がしたら、閲覧側に警告される機能が付いているのも便利です。

「Alfred Camera」は2台のスマホをインターネットで接続。同一のGoogleアカウントでログインすれば、どれだけ離れていても監視ができます。iOSとAndroid両OSに対応しているのもポイント。OSの異なる端末同士でも利用可能です。

「Home Streamer Lite」は、同じネットワーク内ならスマホで撮影している監視カメラ映像をブラウザでそのまま表示できるアプリ。App Storeで入手します。スマホ・PC・タブレットと端末を選びません。(文/すたみな花子)

関連記事リンク(外部サイト)

防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
監視カメラはアプリをスマホに入れるだけでOK
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは
空き巣の手口「焼き破り」15秒でガラスが割れた

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。