体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NYで100年続く対面販売のデリ。なぜみんな並ぶの?

マンハッタンには美味しい店が減ってしまった?

【ニューヨーク】極上のチーズとプロシュート。100年間良質の味と対面販売を守ってきたイタリアン・デリ
ニューヨークには世界のグルメが集まり、あらゆる高級なもの、トレンドの味が揃っています。しかしながら、残念なことに「良質なもの」「信頼できるもの」は大きく減ってきているのが事実。食のファッション化が進む中、知名度や見た目ばかりに囚われ、大事なものが失われてしまった気がします。マンハッタンのレント(家賃)の高騰も、食材の減価率を低くしているのかもしれません。

100年近く続く家族経営のイタリアン・デリ

【ニューヨーク】極上のチーズとプロシュート。100年間良質の味と対面販売を守ってきたイタリアン・デリ
その中で1925年から100年近くも味を守っている、家族経営のイタリアン・デリがあります。
それがマンハッタンのリトルイタリーの外れ、チャイナタウンとの境界線近くにある”Di Palo’s”。現在のオーナーは4代目にあたるそうです。

多くの客を惹き付ける繁盛店

【ニューヨーク】極上のチーズとプロシュート。100年間良質の味と対面販売を守ってきたイタリアン・デリ
リトルイタリーの外れにある”Di Palo’s”は、常に混み合っている繁盛店。店内の入り口にある番号札を取り、30分以上順番を待つにも関わらず、皆辛抱強く待っています。

NY Timesでも高評価のフレッシュなモッツァレラ・チーズ

【ニューヨーク】極上のチーズとプロシュート。100年間良質の味と対面販売を守ってきたイタリアン・デリ
イタリアの選ばれた美味しいものが、あふれた店内。手作りのフレッシュなモッツァレラ・チーズは、辛口のNY Timesでも評価されるほどです。

手に取れる商品は限られていて、商品の多くは店員さんにオーダーをする対面販売。

顧客の店評価はほぼ満点

【ニューヨーク】極上のチーズとプロシュート。100年間良質の味と対面販売を守ってきたイタリアン・デリ
味と値段に煩いニューヨーカーを唸らせるこの店は、Yelp(アメリカの口コミサイト)でもほぼ満点の評価を得ています。アメリカ人は買い物やレストランを選ぶ際に、このYelpを見て判断材料にする人が多いのです。旅行者がレビューするトリップ・アドバイザーでも5つ星の満点です。

フレッシュで勢いのある商品

【ニューヨーク】極上のチーズとプロシュート。100年間良質の味と対面販売を守ってきたイタリアン・デリ
手に取れるものでは、イタリアのパン類があります。

【ニューヨーク】極上のチーズとプロシュート。100年間良質の味と対面販売を守ってきたイタリアン・デリ
カラフルにオリーブやトマトの入ったフォカッチャは、ガーリックが効いていて、赤ワインにピッタリ。筆者はトマトのフォカッチャを購入しましたが、モチモチで最高に美味しかったです。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会