体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

D’ERLANGER、再結成10周年記念日に新曲先行配信&プレゼント企画発表

2017年4月22日(土)に再結成10周年を迎えるロックバンド D’ERLANGERが、同日午前0時より5月3日発売のニュー8thアルバム『J’aime La Vie』から先行配信シングル「バライロノセカイ-Le monde de la rose-」をデジタル配信した。
D'ERLANGER (okmusic UP's)
更に、4月22日(土)に東京・豊洲PIT「REUNION 10th ANNIVERSARY -薔薇色の激情-」の会場内にて、先行配信曲「バライロノセカイ-Le monde de la rose-」のダウンロード感謝特典スペシャル・プレゼント配布会の実施も決定した。4月22日(土)午前0時から、レコチョクやiTunes Storeなどでダウンロードした方に、会場に設置される「ダウンロード特典配布受付」にて、「D’ERLANGER 再結成10周年記念メモリアル生写真2Lサイズ[豊洲PIT Version]」を先着全員にプレゼントする。(特典は先着順での配布で数に限り有り)

8thオリジナル・アルバム『J’aime La Vie』からの先行配信シングル「バライロノセカイ-Le monde de la rose-」は、再結成からの充実した10年間を共に共に歩み続けたまさに、『J’aime La Vie』=我が人生を謳歌している4人の「バライロノセカイ」を集大成的に表わした、狂い咲く傑作! 10周年記念ライヴの2017年4月22日には必ずや初披露されるはずだ。そして、忘れてはならないのが、当日の来場者全員に特別にプレゼントされるスペシャルCD「この公演のためにD’ERLANGERによってレコーディングされたオリジナル音源CD」。こちらの内容にも当日ぶっ飛ぶはずだ。

【D’ERLANGER メンバーコメント】
■kyo (Vocal)

バライロノセカイ-Le monde de la rose-、この曲の持つ華やかで弾けた感じから、まずタイトルになった、“バライロノセカイ”という言葉が浮かびました。ハナビラの雨が降る中、グラマラスにスキャンダラスに人生を謳歌するD’ERLANGER。Album “J’aime La Vie”を象徴する1曲だと思います。是非、この曲を好きに弄んで戯れてください!2007年4月22日日比谷野外大音楽堂での復活劇から10年、2017年4月22日に豊洲PITでのLIVEがいよいよ迫ってきました。どんな想いを抱いて、どんな表情をするのか、当日STAGEに立ってみるまでは分かりませんが、D’ERLANGERを愛してくれる皆と素晴らしい景色が見れる事だけは約束されていると思います。また一つ特別な夜が増える事を楽しみにしています。そして5月3日に8枚目のOriginal Albumがリリースされます。“J’aime La Vie = 我が人生を謳歌している”と名付けられた新しい奇跡を堪能してください!!

■CIPHER(Guiter)

気が向いたら聴いてみてください。

■SEELA(Bass)

再結成して、早くも10周年!最初のライブが、ついこないだのように感じます。10年後の同じ日、4月22日の豊洲PITで逢えるのを楽しみにしています。最新アルバムも、これぞD’ERLANGERと、思える仕上がりになってると思います。お楽しみに!

■Tetsu(Drums)コメント

僕らの8th ALBUM「J’aime La Vie」完成にあたり、今現在、音以上に数々の想いもある。それをこれから始まるLIVEやTOURで爆発させるんだ。この10年、D’ERLANGERというBANDには当たり前に色んなことがあった。「REUNION 10th ANNIVERSARY」まずは、お祝いされるのではなく、4人でD’ERLANGERを祝福したい!そして、これまでこのBANDを支えてくれた多くの皆様に感謝します。毎度のことだがALBUM製作に入る時は、やり切れるのか?という大好きなプッシャーの中、出来上がってみれば、もっともっと!という自分勝手な感情が炸裂する。今回は、達成感と共に何か一つやり遂げた感すら起きている。その壁を乗り越えたからこそ味わえる景色に今は酔いしれている。苦しくも、世界中が悲鳴を上げ混乱し変化を遂げる中、僕らは、「J’aime La Vie」「バライロノセカイ-Le monde de la rose-」を発表するわけだが、どうか、すべてのBESTを尽くし、その人それぞれの「バライロノセカイ」を生き抜いてほしいという希望としたい。ここに「生きる音」を捧げます。まもなくあの野音の賛美より10年を迎える。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会