体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

街乗りならこれで十分⁉︎米国の三輪小型電気自動車「ZEV T3-1 Micro」は5490ドルから

fullsizeoutput_27f2街乗りならこれで十分⁉︎米国の三輪小型電気自動車「ZEV T3-1 Micro」は5490ドルから

環境意識の高い人にとって、電気自動車は車を選ぶ際に有力な選択肢の一つとなる。しかし、それなりの値段がするのがネック。

そこで、米国のメーカーが開発したのは、小型の三輪電気自動車「ZEV T3-1 Micro」。バイクのように小回りがきいて、しかも3人乗り。何と言っても5490ドル(約60万円)とお手頃価格なのが売りだ。

・普通の運転免許で

ZEV T3-1 Microは前1輪、後ろ2輪で、運転席の後部には2人が乗れるスペースがある。最大積載量225キロ、大人3人が乗れる計算だ。

fullsizeoutput_27f4ハンドルはバイクそのもの。外観もピザ宅配バイクを一回り大きくして屋根をつけたようなデザインだが、れっきとした自動車。

米国では普通自動車の運転免許があれば誰でも乗れるとのこと。もちろん、ヘルメットの着用は不要となっている。

・バッテリーは2タイプ

最高速度は時速50キロメートル。航続距離はベーシックなバッテリーの場合、時速45キロで100キロ。バッテリーをグレードアップすると145キロに伸びる。

fullsizeoutput_27f6通常の車に比べ、スピードはさほど出ないし長距離ドライブにも向かない。どちらかというと、荷物の配達といった業務車として、あるいは街乗り用の車に向いてそう。駐車スペースはとらず、小回りがきくのもメリットだ。

そして最大の魅力は価格。ベーシックバッテリーで5490ドル(60万円)、リチウム電池にグレードアップしたタイプは8990ドル(約98万円)となっている。この設定なら、たまにしか乗らない人の需要を掘り起こせるかもしれない。

ZEV T3-1 Micro

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会